2007年10月10日
写真館-産卵するミノウスバ

ミノウスバが、幼虫の食樹であるマユミの木に産卵中です。
おそらく、先日交尾していたミノウスバだと思います。
この成虫も、幼虫時代にここの葉っぱを食べて育った個体だと思います。


写真館-産卵するミノウスバ

メスは卵を産んだ後、その上に自分の体毛を貼り付けるようにかぶせていきます。
産んで貼り、産んで貼り、それを繰り返して、このような卵のうができあがります。
蛾の中でも特にミノウスバの体毛は長く、その体毛は自分自身の防寒のためではなく、卵のための体毛だったわけです。

写真ではうまく撮れませんでしたが、産卵前のミノウスバは、尾の先に黒くて長い毛をたくさんつけています。
その毛が、今こうして卵を守るために抜かれて貼られています。
モンシロチョウやアゲハチョウは、暖かい春に産卵するので、卵は裸の状態です。
ミノウスバは卵で越冬する必要があり、寒さや乾燥やいろいろなものから守る必要があります。
自分の毛を抜いて貼るという生態、これも進化なのかもしれません。
ちなみに、他の蛾にもこのような生態を見ることができます。
だから蛾には毛が多いのでしょうか。
このへんのところは、よくわかりませんが。


写真館-産卵するミノウスバ

そんなミノウスバの様子を、ノシメトンボのメスが観察していました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ミノウスバ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る