2007年10月13日
ひたすら育つカタバミ

種の入った鞘をつけながらも、まだまだ咲き続けるカタバミ。
気温も下がってきて、産卵するヤマトシジミの姿もほとんど見なくなりました。


ひたすら育つカタバミ

葉っぱはかなり食べられているので、どこかに幼虫がいるはずなのですが見つかりません。
もともと見つけるのがかなりむずかしいヤマトシジミの幼虫ですので、どこかにいると思います。

葉の裏にいることはわかっているのですが、色が絶妙なのです。
カタバミの薄い葉を裏側から見ると、太陽の明るさでやや薄い緑色に見えます。幼虫の色は、まさにこの色になります。
おまけに楕円形で、輪郭を毛でぼかしていて難易度高いです。
とどめに、大きさがすごく小さい…。
幼虫の写真を撮りたくてじっくり探すのですが、今日も見つかりませんでした。
なかなかのつわものなのであります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ヤマトシジミとカタバミ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。