2007年11月26日
暖房生活のオオカマキリ

暖房というか携帯カイロなのですが、寒い夜でも携帯カイロのおかげでカマキリも長生きしています。

しかし、カマキリという生き物はとてつもなくかわいいです。
これは、まさしく猫です。
そのしぐさ、そのわがまま、その甘え方、昆虫を超えたしなやかな動きも相まって、もはや哺乳類ではないかと感じることもあります。
この昆虫、明らかに他の昆虫とは違うものがあります。
もともと哺乳類だったのに、間違って昆虫になってしまった感があります。

「愛嬌」というのは苦手とする昆虫ですが、カマキリだけは例外と言えそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(7) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひょっとしたら
もう一回産卵するつもりじゃあないですかね…
どう探したって♂はいないので
ここは一発、飼い主が…w
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2007年11月26日 23:05
こんにちは。初めまして。
ケイチョといいます。
僕はカマキリが大好きで、
小さいときからカブトムシやクワガタよりも
カマキリを飼育することが多かったです。
大人になって、十数年ぶりに
今年カマキリを飼育しました。
(カブトムシも飼育し、
 今は幼虫がわんさか育ってます)
うちも、暖房飼育でしたが、
このところ弱ってきました。
やっぱり、温度管理や食べ物に気をつかっていても、
どこか、自然とはちがうし、
それに、カマキリの細胞の寿命みたいなのも
あるのでしょうか。
うちのカマキリは足の先など末端から
機能が低下していき、
今は目もよく見えないみたいです。
雪が降る地方ですから、
12月間近まで生きているのがおかしいのですが、
だんだん弱ってくる姿を見て少し
罪悪感もあったりします。
でも、最後まで責任を持って飼わないとですね。

長文失礼しました。
それでは。
Posted by ケイチョ at 2007年11月27日 20:29
>名無しさん
実を言うと、最近また腹部が大きくなってきています。
定期的な栄養補給ができているので、また卵を産もうとしているのでしょうか。
それとも、ただの肥満でしょうかw

>ケイチョさん
ケイチョさん、はじめましてです(^O^)
春に生まれて秋に死ぬカマキリですので、寒さや飢餓だけではなくて肉体の老化も絶対にあると思います。
ケイチョさんのブログを拝見しましたが、あれだけ整った飼育環境だったので、まだ生きているのかもしれません。
それでも細胞の老化が避けられない事実だと思いますので、天寿までかわいがってあげてください。
それにしても、3段階調整式パネルヒーターや赤外線反射効果のアルミホイル使用など、完璧ですねw
各種ライトの効果も、かなりありそうです。
ウチのオオカマキリもケイチョさんのところに引っ越したら、あと1ヶ月長生きしそうですw
カブ幼虫飼育も、マットを買いだめしてがんばってください(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2007年11月28日 01:47
突然失礼致します。
先日玄関前で弱っていたカマキリを保護したのですが、一人暮らしなため留守にすることも多く、寒さ対策に悩んでおります。
色々調べていたところ、こちらに辿り着いたのですが、携帯カイロをどのように使って温めているのでしょうか?
是非教えて頂けるとありがたいです。。
宜しくお願い致します。
Posted by あや at 2016年11月29日 16:14
>あやさん
いろいろやりましたが、
・台にカイロを置いてその上に飼育ケースを置いた(敷き砂からの遠赤効果)
・飼育ケースの側面4面にカイロをよりかけた(お気軽)
・段ボール箱に飼育ケースとカイロを入れてふたをした(温室構築)
要は温めるというよりはケース内の温度が下がらなければいいので、方法は無限にあると思います。
カマキリのために頑張ってください(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年11月29日 23:00
ご丁寧にありがとうございます!
様々な方法があるのですねぇ。
寒いせいか動きもあまりなく心配しておりまして、、
大変勉強になりましたm(__)m
かまちゃんの為に日々試行錯誤したいと思います笑
ありがとうございます!

Posted by あや at 2016年11月30日 13:58
>あやさん
これもひとつの出会い。カマキリとの友情を深めてください(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年11月30日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る