2007年12月19日
桃栗三年柿九年

庭の柿の木が、九年目にして初めて一個の実をつけました(^^)v

まだ東京に住んでいたころ、スーパーで買った柿から種を採り、鉢に蒔きました。
四角くて平べったい、よく見るタイプの柿です。
その種が元気に芽を出してあれよあれよと大きくなり、アパート住まいだったので植え替える場所も無く、車で帰省するときがあったので、その時にいっしょに持って帰ることにしました。

実家では庭の隅に植えたようで、その後もすくすく大きくなりました。
しかし、八年経っても実をつけず、やっぱり寒冷地では厳しいかなと思っていた九年目の結実になります。


桃栗三年柿九年

たった一個の実ですが、見る者を和ませてくれました。
この柿の実は単なる農作物ではなく、癒しの医薬品みたいなものです。
時期が来たら、ありがたく食べてみたいと思います。
きっと渋いでしょうけどw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確か、接ぎ木?をしないと
美味しいのが生らないんでいたっけ?
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2007年12月21日 19:19
そ、そうなんですかっ?Σ(゚д゚lll)
枝切りはしていた木なんですが、やっぱり渋いですかねw
まあ、初めての実なので渋さにも感謝しながら収穫したいと思います(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2007年12月23日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る