2007年12月25日
オオカマキリ、今夜が山

左カマに加えて右カマも動かせなくなったオオカマキリに、ミルワームを食べさせました。
ミルワームを切断し、内臓を取り出して体液だけを与えます。
口もとにある何本もの触角を動かしながら、少しずつ体内へとはこんでいきます。
けっこう長時間口もとにくっつけたので、減っていって食べていることは確認できました。
少しでも栄養をつけて、体力の維持につながればと思います。

上体を起こすこともできず、頭を動かすこともできず、命の灯火が小さくなっています。
今日初めて見たときも、脚1本でかろうじてふたにぶら下がっていました。
他の脚をかけることもできず、ぶら下がるのはもう無理のようです。
4本の脚はまだ動きますが、ひっかけるような繊細な動きができません。
右カマは、ふ節も含めて動かなくなっており、歩くこともできません。


オオカマキリ、今夜が山

上半身の写真を比べてみると、左カマの黒い変色が体のほうに転移しているのがわかります。(右の写真)
左の写真では、まだ緑色です。
右カマも動かなくなったのは、左カマから転移した黒い変色が右カマの付け根にまで達し、それで関節がだめになったと思われます。

状況から判断して、今夜が山だと思います。
防寒用の真っ暗なダンボールの中で逝くのはかわいそうなので、家に連れてきました。
携帯カイロの上に飼育ケースを置き、暖かい乾いた土の上で休んでいます。
最後ぐらいは、少しでも長くいっしょにいたいと思います。


オオカマキリ、今夜が山

家に連れてくる前、ほとんど動かなくなった右カマを強引にふたにかけ、『いっしょにいて』と話しかけてきたような気がしました。

『そのつもりだよ』と応えました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る