2008年01月18日
気まぐれお目覚めカタツムリ

冬眠中でも、ふいに起きて歩き回るのを見るのは、今回が初めてではありません。
ある程度歩いて、また眠りに入ります。
いちおう、「まだ寝とけ」とは言ってあげます。


気まぐれお目覚めカタツムリ

動きもふだんよりさらに遅く、まさに寝起きです。
あんまり長く歩き回るときは、その個体だけに軽く霧吹きをして水分補給をさせてあげます。


気まぐれお目覚めカタツムリ

ムニャムニャ…


気まぐれお目覚めカタツムリ

ムニャムニャ…


気まぐれお目覚めカタツムリ

こちらは、親カタツムリの飼育ケース。
冬眠したては壁にくっついていましたが、今では全員枯れ葉の中です。
さすがはベテラン組、枯れ葉の存在を理解しています。

外は氷点下10度近くまで下がる真冬ですが、自然界のカタツムリもそんな気温の中で冬眠中です。
凍らないんだろうか…w

.........@ノ”<地面は地熱で意外と寒くないお


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | カタツムリ〜2008年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オカモノアラガイ飼育歴2年8か月。
冬眠させる自信がないので、毎日餌やり大変です。ところで、オカモノアラガイの寿命はどれくらいかわかりますか?    
Posted by みや  at 2008年01月18日 23:46
大型のカタツムリは3〜5年、小型のは1年程と言われています。
その通りだとすると1年程ということになりますが、実際はよくわかっていない部分が多いようです。
一般的に、冬眠はストレス的にかなりの高負荷になって寿命に影響し、飼育環境で冬眠させないことが可能であればさせないほうが、長生きするようです。
みやさんとこは冬眠させていないのであれば、普通より長生きしてる可能性があります(^O^)
オカモノアラガイも含めたカタツムリ系の寿命は、いまだに謎というのが一般的です。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年01月19日 17:01
ありがとうございます。
すっきりしました。
我が家のオカモノアラガイは2代目1匹、3代目から6代目までたくさんいます。
最後の2代目は、頑張って2年5か月生きていますが、だいたいは1年から1年半で死んでしまいます。
私の飼育で寿命を全うしているのか、いつも考えていました。
世話をしているつもりが、いつのまにか私が癒されています。
  
Posted by みや  at 2008年01月19日 22:44
なんと、6代目まで飼い続けてるんですか!
いやはや、まさにプロ級ですねw
2年5ヶ月というのも大型クラスに匹敵する長さで、個体差もあるんでしょうかねー。
謎ばかりのカタツムリですが、癒されるのは変わりはありません(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2008年01月21日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。