2008年04月21日
精霊を隠さんとするハコベ

オオカマキリのお墓に、右側からハコベが押し寄せてきました。
まるで精霊を隠さんとしているかのようです。
…などと、不思議に仏教的な発想をしてしまいますw
左側に見えるのは、ホトトギスです。

お墓の周りの草は普通は刈りますが、オオカマキリからすれば草も自然の構成物であり、人間の倫理で刈るのは違うのかなとも思います。
墓石がハコベやホトトギスで覆われても、かえって隠されて安心するかもしれません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オオカマキリの墓にハコベが押し寄せてきてなんとも幻想的ですね。
ルリタテハの食草のホトトギスも生えてきてますね。
たしかに墓の草も自然の一部なので刈らないでそっとしておいたいいかもしれませんね。
Posted by K・A at 2008年04月22日 15:34
引き出しの奥の卵、どうなった?
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2008年04月23日 00:02
>K・Aさん
山野草と雑草に囲まれているので、まさに自然度の高い環境になりましたw
これで本当に土に戻ると思います。
>名無しさん
そろそろかなと思いきや、いまだに変化無しです。
もう放そうかなと思いますが、生まれた子どもたちに母親の立派さを一言伝えたいので、孵化直後に放そうかと思います。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年04月23日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。