2008年04月23日
スズメガのサナギ発見

地面にころんところがっていたスズメガのサナギです。
大きさは3〜4cm、すごくでかいです。
この中から、でかくて気持ち悪いガが出てきますw

スズメガは、サナギになるときに地面に降りてきます。
そんでもって越冬するので、枯れ葉が風で吹き飛んだ春先に、こうやって丸見えの状態でころがっていたりします。
いちおう、人の歩かないところに寄せておきました。
暖かいので、もうすぐ羽化すると思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | スズメガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スズメガの蛹ですね。
スズメガの成虫はそんなに気持ち悪くないと思いますよ
。見方を変えれば飛び方や姿はかっこいいですし
私はチョウもガも同じ扱いです。
でも実は私、スズメガの蛹をお目にかかった事がありません^^;
幼虫は良く見かけるのですが寄生蜂や木の持ち主に退治されるうえ、蛹は地中なので・・・
蛹は日に弱いので日陰や軒下などにおいておけばいいとおもいますよ。
Posted by K・A at 2008年04月24日 16:23
ガは毒や針を持っている種類が多いので、どうも好きになれませんw
とはいえ、今までにけっこう撮影はしているのですが、未掲載のままです。
今年はどんどん掲載してみますかねw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年04月24日 23:43
毒をもっている蛾はほんの一部で
「ドクガ」の仲間が代表例ですが、
ドクガの仲間でも毒を持っていないものは少なくほんの1部です。
イラガとカレハガの幼虫の多くは毒はもっていますが、
全部が毒をもっているというわけではないです。
なのでぜひ掲載してみてくださいね。^^
後、上の蛹は「ヒトリガ」の蛹にも似ている気がします。
Posted by K・A at 2008年04月26日 20:56
正確には、毒を持っている種類を分別できないので、ガを見たら逃げろですね。
刺されるとかなり痛むそうなので、学者になるまでは逃げますw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年04月28日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。