2008年05月02日
タンポポの蜜を吸うミツバチ

気温が上がると、昆虫たちの姿を多く見かけます。
中でも、草原を黄色に染めるタンポポの花には、いろいろな昆虫たちが集まってきます。
代表的なのがミツバチ。
花粉を体じゅうにつけて、せっせせっせと蜜を集めます。

ミツバチは高等な昆虫なので、危害を加えない態度をとると、けっこう近くまで近寄れます。
ただ、蜜集めのときは花から花へと次々に飛び移るので、シャッターチャンス的には難しい部類です。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近暖かくなってきて昆虫もふえてきましたね♪
マルハナバチは危害を加えないかぎり刺しませんがそこらをブンブン飛んでいると少し怖いです。^^;
ミツバチ、ハバチも蜜を求めて飛んでいました。
クチナシを外に出しておくとハチやチョウがたくさんやってきました^^
Posted by K・A at 2008年05月02日 19:51
クチナシにはハチやチョウだけでなく、ぁぃぁぃさんも寄っていくので注意です。
あの甘い香りは、嗅がずにはいられませんw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年05月03日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。