2008年05月07日
涙滴型のクロナガカメムシ

カメムシは種類ごとの個性が非常に強いので、見つけるたびにわくわくしますが、本日はクロナガカメムシの登場です。
比較的判別しやすいカメムシで、黒くて涙滴型ならクロナガになります。
とがった頭から丸っこい羽根までが、水滴のような形をしています。
胸部には黒い紋章がふたつあります。羽根の後端の部分は、網目模様のようになっています。
クロといっても真っ黒ではなく、こげ茶色です。


涙滴型のクロナガカメムシ

脚にも特長があり、途中までは濃いこげ茶色なのですが、先の部分だけは薄いこげ茶色です。
大きさは5mmぐらいで、カメムシの中では小さいほうの種類です。

この時季に成虫として姿を見せたということは、成虫で冬眠していたことになります。

今年は暖冬で雪も少なかったので、過ごしやすかったかもしれません。

■訂正
これはフタモンホシカメムシですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、ぁぃぁぃさん、クロナガカメムシも現れましたね。
私の家のまわりにも頻繁に現れています^^;
ギシギシが好きなようでギシギシのとうで毎年見かけます。
この先、いろいろなカメムシを見ることができるのでワクワクしています。
Posted by K・A at 2008年05月08日 17:00
カメムシを見るようになると、もうすっかり春ですね。
秋ごろまで長い間姿を見せるので、けっこう被写体にっもなったりします。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年05月08日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る