2008年05月12日
わた毛の季節

真冬以外は常に咲いているタンポポですが、その1回目のピークが春先に訪れます。
そのときに咲いたタンポポの花が今いっせいにわた毛になり、マイマイガの幼虫といっしょに宙を舞っています。
タンポポの種は着地するとすぐ発芽し、急速に生長してまた花を咲かせます。
だから、花期が長いように感じるわけです。


わた毛の季節

花を咲かせば喜ばれ、種をつければ嫌われる。
そんなタンポポは、今日も地に深く根を伸ばし、したたかに生きています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の家の横に生えているタンポポもほとんど綿毛になって飛んでいきました^^
それにしてもタンポポは春から夏にかけてずっと咲くので不思議ですね。
おさないころにタンポポを育てたことがあるのですが花が咲くのにまったく時間がかからなかったのです。
Posted by K・A at 2008年05月12日 16:14
冬でも雪の下で咲いてたりしますよ。
ユキノシタでもないのに雪の下なわけです。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年05月13日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る