2008年05月19日
糸を紡ぐウメエダシャクの幼虫

ツツジの花の根元で、ウメエダシャクの幼虫が糸を紡んでいました。
サナギになる準備でもしているんでしょうか。


糸を紡ぐウメエダシャクの幼虫

前に出した糸の部分部分を前脚で引き寄せ、口でくわえて接合しているように見えます。
網状のものを作っているかんじです。おそらく、数日間かけて作り上げるのでしょう。
「イモ虫」や「気持ち悪い」で終わるチョウや蛾の幼虫ですが、このような織物職人もいるわけです。

ウメエダシャクは、名前の通り梅の木につくシャクトリムシです。
ただ、梅の木だけではない他の植物にもつくようです
この写真はツツジの花にいるウメエダシャクですが、すぐ近くに梅の木があります。もしかしたら、サナギになるために遠征してきたのかもしれません。

ウメエダシャクのように、「〜シャク」というのはシャクガのなかまになります。
ウメエダシャクの成虫は、昼行性で羽根の色も白と黒の模様なので、チョウと見間違えるほどきれいな蛾です。
無事に羽化してほしいものです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
随分と派手なシャクトリムシですね。
ユウマダラエダシャク、ウメエダシャク、
ヒトスジマダラエダシャクの幼虫はすべて
同じような模様をしていてややこしいです^^;
実は去年ヒトスジマダラエダシャクを飼って、
無事ケースの底で蛹になったのですが
原因不明にも羽化しなかったのです・・・
まだその蛹の死体も捨てきれず
持ってるわけですが^^;
Posted by K・A at 2008年05月19日 16:30
こんな色の幼虫にこそ、「トラエダシャク」というような名前が欲しいところです。
かわいい路線だと「ホソナガバナナムシモドキ」もいいと思います。
「ジュクシスギタバナナダマシ」もいいかもですw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年05月19日 22:14
これウメエダクジャクっていうのですか!
オオカマが孵化したとき大量に近所の野原に逃がしたのですがこのウメエダクジャクがたくさんいます。
この3週間くらいでこの幼虫やたらでかくなっています。
クモの巣みたいのに包まっていたのでクモに襲われたのかと思いましたがあれは繭なんですね〜。
Posted by いずみ at 2008年05月19日 23:16
今の時季は、繭を作る季節なのかもしれないですね。
特に葉っぱを食べた跡も無いので、どうやって大きくなったのか不明ですw
梅の木の上のほうの葉っぱでも食べてたのかも。
近所の野原では、そのうち大発生ですねw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年05月20日 00:52
はじめまして。
ウチの「のうぜんかずら」?という木に羽化したのが一匹とまっていて、すぐそばの葉の裏に繭のが一匹いました。刺す種類じゃないか心配でしたが、そうじゃないようで良かったです。
元気に羽化してくれるといいなぁー。
Posted by しろめし at 2008年06月08日 20:14
しろめしさん、はじめましてです(^O^)
羽化した成虫とサナギ(繭)を同時に見たということは、今どんどん羽化しているのかもしれませんね。
たぶん、同じ親が産卵した卵から孵った兄弟だと思います。
まだまだいろんな昆虫がいそうな気配ですねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2008年06月09日 00:58
あ〜丁寧な作業だなぁ (・∀・)チゴイネ!

そろえた胸脚かわいいw

なんてぁぃ♂タソブログ見始めて1年で思うよーになりますた
いぃのか、漏れ・・・www
Posted by ぐわ氏 at 2009年07月12日 01:36
>ぐわ氏さん
それでいいのでありますw
虫は遠くから見ると社会と一緒に見えるので、嫌な存在に見えることが多いです。
しかし、近くから見るとひとつの生き物が健気に生きていることがわかります。
このウメエダシャクの幼虫は、まさにその代表例ですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年07月12日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。