2008年05月22日
姫の旅立ち

2005年9月、庭で見つけた5匹のカタツムリ。
直径1cmぐらいの子どもだったので、飼ってみようと思いました。
あれから2年8ヶ月、あのときから飼いはじめた最後の個体の姫が、静かに★になりました。


姫の旅立ち

直径4cmほどまでに生長した姫は、貫禄さえありました。


姫の旅立ち

年輪のように刻まれた1本1本が、そのまま姫の生長記録です。


姫の旅立ち

交尾相手となった野生ちゃんと、最期のお別れ。


カタツムリを飼いはじめて初めての冬に1匹が★になりましたが、その後4匹体制でしばらく飼育が続きました。
去年の今頃に3匹が交尾しあって産卵しましたが、姫だけは交尾せず、産卵も確認できませんでした。
生長し終わるのも姫が一番遅く、上限を超えてどんどん大きくなり、他の3匹の兄弟よりもひとまわり大きくなって、ようやく生長が止まって大人になりました。

3匹の兄弟たちが★になっていく中、途中参加した野生ちゃんと交尾し、野生ちゃんが産卵しました。
交尾後の姫は、急におとなしくなりました。
適齢期を過ぎての交尾で、体力をいっそう消耗したと思われます。

姫が★になっていた場所は、カットルボーンを入れているプラスチックのケースの中でした。
ちょうどカットルボーンの裏側になり、ひとりになれる空間です。

カタツムリが人になれることを教えてくれたのは、姫でした。
人を長時間観察し、ふたを開けるとよってくるその反応は、明らかに人を意識したものでした。
時にはカメラを意識して、ポーズをとってくれたこともありました。

初めてカタツムリを飼育し、その第1世代の最後の個体の姫が★になり、ここにひとつの季節が終わりました。
寿命が1年の昆虫ばかり飼ってきたので、こんなに長くいっしょにいたのは初めてでした。
そのおかげで、姫はたくさんのことを教えてくれました。
でも、そのおかげで寂しさもたくさんになりました。
飼育のすばらしさを教えてくれてありがとう。安らかに。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | カタツムリ〜2008年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

姫・・・★になってしまったんですね。
とても残念ですが、子孫を残せた事が救いですね。
野生くんが寂しそうに見えるのは、私だけでしょうか。。。

今年はこれから子供達が産卵をしそうですね。
スジ無しちゃんもお気に入りの相手を見つけるのでしょうか。
子孫が繁栄するのも楽しみですね。

またしても私事になりますが・・・
実は我が家のオカモノアラガイの子の2匹が親を追うように★になってしまいました。
比較的大きい2匹は残っているのですが、小さい2匹には冬眠が堪えたのかもしれません。

ですが嬉しい事も(^^;
昨日行った大きい公園でミスジマイマイを2匹見つけて飼う事にしました。
最初は2匹とも警戒していたようですが、すぐに慣れてしまったようでキャベツをバキバキ食べています(笑)
こちらも大事に飼っていこうと思います(^-^)

ではまた遊びに来ますね。
Posted by ひぃちゃん at 2008年05月22日 22:09
お久し振りです。

12日のブログに、姫が2日間も眠ったまま、とあったので
気になっていたのですが、そうですか・・・。

永遠の別れと言うのは、やはり胸を締め付けるものがありますね。

姫のご冥福をお祈りいたします。
Posted by さわ at 2008年05月22日 22:46
>ひぃちゃん
なんとかギリギリで子孫を残せたかもしれません。
あとは卵が孵化してくれればと祈るだけです。
オカモノアラガイ、残念でしたね。
小さいうちは環境の変化に弱いので、自然界でも小さい頃の生存率は低いようです。
そんなところへ生まれ変わりのように、ミスジが2匹ですか!
大きいので迫力だけはありますよw
2匹ということで、うまくいけば子孫も…
今後の飼育状況、また教えてくださいね(^O^)

>さわさん
いっしょにいた期間が長いと、カブトムシの死別とはまた違った感覚ですね。
いつかは訪れるものなのでしかたが無いのですが、これも生き物を飼育することのひとつなのでしょう。
ただ現れて去っていくだけでなく、飼育はたくさんのものを残してくれます。
姫が残してくれたものを大切にしていきたいと思います。(ToT)/~~~
Posted by ぁぃ♂ at 2008年05月22日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。