2008年06月05日
ワタアブラムシのオスとメス

ツルウメモドキの木にいた黒いアブラムシ、ワタアブラムシです。
右側の羽根の生えている個体がオスになります。
恒例のアリも来ていますが、通称アカアリでしょうか。

新芽や伸び始めた枝や新葉の根元に多く発生し、樹液の吸いやすいやわらかい部分に集まるようです。

あっという間にすごい勢いで繁殖するアブラムシですが、周囲の昆虫への影響を考えれば殺虫剤は使えない次第。
ひたすら、最小限の剪定をしているわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれまっ!アブラムシにも羽が生えてたんですか!初めて知った次第。
それにしてもぁぃさんの写真はいつも綺麗に撮っていらっしゃって関心します。
今度は「自分ブログ」に数%で○撮した写真でも(ry・・・w
Posted by 矢沢氷吉 at 2008年06月05日 00:15
ちっちゃいんでよく見ないと見えませんが、羽根の生えたオスはけっこういますよー。
数%では撮られるほうかもしれませんw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年06月05日 01:22
本当ですね!先ほどよく見たら沢山いました!
ぁぃさんの日記を見なかったら一生気が付く事が無かったかも。
あ、こちらのブログで不謹慎な書き込みしてスミマセン・・・。
以後、この手の話題は自分ブログだけにします。w

Posted by 矢沢氷吉 at 2008年06月05日 16:40
今の時季は特にいますよ。なんとかしてほしいくらい、いっぱいいます。
不謹慎なのはどこに行っても不謹慎だと思いますw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年06月05日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る