2008年06月05日
マユミの蜜を吸う生き物

またもや官能小説風の題名ですが、クロヤマアリのお話です。
ミノウスバの幼虫ですっかり有名になったマユミの木ですが、ちょっと増やしてみようと思って挿し木をしている最中です。
その挿し木状態のマユミが開花しました。

アリがひっきりなしに集まるので、おいしい蜜のようです。
花の形がよくわからないので、アリがピンボケになったボツ画像でも載せときます。


マユミの蜜を吸う生き物

白い十文字の花がマユミの木の花です。
小さな花ですが、結実すると赤い実をつけてかなり風流なわけです。
ちなみに、風流な赤い実はこんなかんじです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。