2007年09月01日
雨もあがったというわけで、いつものようにカメラを持って庭の中に入って撮影会の開始と相成りました。

ある程度撮り終わり、通路まで戻ってふとプランターを見ると・・・


野生のカタツムリ確保

おお!なんと、カタツムリではありませんかっΣ(゚д゚lll)
今飼っているカタツムリとまったく同じ大きさです。
今飼っているカタツムリは、約2年前に庭で確保したカタツムリです。つまり、同じ時期に生まれてきた個体、兄弟の可能性がかなり高いと思います。

このカタツムリは、約2年間もの間、庭で暮らしてきたことになります。
余談ですが、親が庭でカタツムリを見つけて駆除したことが過去に数回ありました。山野草を育てている側からすれば、カタツムリは葉っぱを食べる害虫になります。
もっとたくさんいた兄弟たちが駆除される中、この個体は見つからずにひっそりと暮らしてきたわけです。

しかし、なぜ今になって通路のプランターといういちばん目立つところを這っているのか・・・。
確かに雨上がりなので動き回る状況ではありますが、こんなところを親に見つかれば駆除の対象になってしまいます。

2回ほど駆除前にあずかって、会社の敷地の中に放したことがあります。
そのときは4匹飼育中でしたので、これ以上は飼えないということで放しました。

先日、1匹が★になって3匹となり、1匹分空席でした。
そんなわけで、今回見つけたカタツムリ、確保して飼育することにしました。


野生のカタツムリ確保

2年間野生だったカタツムリは、肌の色もかなり黒っぽいです。
殻の縁が反り返っているので、今飼育している個体と同じで大人ということになります。

ちょっと感慨深いことがあって、先日★になったカタツムリと殻の色や模様が妙に似ているのです。
兄弟の間でも個体ごとに色や模様が違うのですが、かなりそっくりです。

土の中で静かに眠っているはずですが、生まれ変わったのでしょうか。
飼育ケースの中に入れたら、ケースを1周したあと眠ってしまいました。
この無警戒さは、なんなんだ。普通は逃げ場をさがそうと一日中うろうろするはずなのに、まるで古巣に戻ってきたような安堵感を漂わせています。今回だけはメルヘンを信じようと思います。

余生もあまり長くないのかもしれませんが、きれいな環境の中でキャベツを腹いっぱい食べさせ、親に駆除されることの無い環境で余生をおくらせたいと思います。

.........@ノ”<たまにはメルヘンもありだお


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
2007年08月31日
キャベツを食べるカタツムリ

キャベツをあげて30分後、1匹は食べ終えて天上へ向かっていますが、あとの2匹はまだ食べています。
同じキャベツでも好き嫌いがあって、いつも緑色の濃いところから食べ始めます。いちばん硬いところなのですが、ここまで大きくなると普通にバリバリ食べます。
味がいいのでしょう。カタツムリにも味ぐらいわかります。

キャベツの葉っぱはいつもスーパーのゴミ箱からあさってくるのですが、緑色の濃いところを重点的に集めてきます。
ウサギなどの小動物を飼っている人も、よくあさっていくらしいです。
レジ袋有料化が言われる昨今、レジの人がわざわざ袋に入れてくれたりで、ありがたいですw


キャベツを食べるカタツムリ

子どもたちも普通にキャベツを食べるようになりました。
表皮を削り取るように食べるのではなく、穴があくように食べます。
ちなみに、右側に写っているのが生まれつきスジの無い個体で、スジ無しちゃんという名前をつけてもらいました。
元気にキャベツを食べ、今日もすくすく育っています。

.........@ノ”<新鮮なのは甘さが違うお
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
2007年08月16日
仲○由紀恵を食べるカタツムリ

赤ちゃん用飼育ケースの上に、ちょっとauのカタログを置いてたら・・・


仲○由紀恵を食べるカタツムリ

なんと!ネットの隙間から仲○由紀恵の首筋を舐めるように・・・
たまらなく愛しているのでしょう。
次のページまでむさぼるように舐め取っています。
おいしかったのでしょうか・・・


仲○由紀恵を食べるカタツムリ

これには仲○由紀恵もびっくりしたことでしょう。
首筋というか胸元というか、とにかくお盆一番のスキャンダルなわけです。

ちなみにこのサングラス・・・


仲○由紀恵を食べるカタツムリ

当たっちゃいましたぁーっ!\(^O^)/

さっそくかけてみたのですが、どう見ても田舎のDJ OZUMA。
アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士どころか、ぁぃ♂ぁぃ♂COUNTRY☆妖奇士といった風合い。
カタツムリも気絶すると思うので、かけないようにします(´・ω・`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(13) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
2007年08月14日
ビンカ発芽

ビンカが発芽し、双葉も顔を出しました。

「久しぶり」と声をかけてあげました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
2007年08月13日
カタツムリの飼育ケース清掃

先週は忙しくて簡易清掃しかできなかったのですが、本日、完全清掃を行いました。

簡易清掃では、ケースの内側を拭いたりふんを取り除いたりしたあと、霧吹きをします。
完全清掃では、砂利を米とぎのように洗ったり木炭をブラシで洗ったり、とにかく全部洗います。枯れ葉もヌメリを洗い流します。

ただでさえ暑い夏、少しでも清潔に涼しくさせてあげたいものです。


カタツムリの飼育ケース清掃

赤ちゃんカタツムリのほうも、同時に完全清掃。
赤ちゃんという呼び方も、少し抵抗があるくらい大きくなりました。
人間でいうと幼稚園年長組あたりでしょうかw


カタツムリの飼育ケース清掃

スジ無しちゃんも元気です。
スジに見えるのは血管か気道で、相変わらずスジがありません。
他の個体よりふた周りぐらい小さいのですが、この子はこの子なりにちゃんと大きく成長しています。

カエルも、ある決まった確率で青いカエルが生まれてくるように、生物の生態というものは100%確立していません。
ヒトも一重や二重があるように、ごく当たり前のことなのです。
成長の速度はやや遅いですが運動神経はいいほうなので、クラスの人気者なんだと思います、はい(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
2007年08月12日
別の種類のカタツムリ

初公開なのですが、実は別の種類のカタツムリも飼ってたりします。
ただし、こっちは生態観察用というか、地味に育てています。

上のはウスカワマイマイ。どこにでもいる1cmぐらいのカタツムリです。
色は茶色だったりゴマだったり黒っぽかったり、いろいろです。
畑の害虫としても有名で、うちのスナップエンドウの葉を食ったのもこいつです。

下のは小さすぎるので、でかくしてみましょう。


別の種類のカタツムリ

キセル貝の一種だと思います。陸生の貝、カタツムリの友だちのようなもんです。

夜行性なのか、何が好きか、行動パターンは?
いろいろと生態を観察しています。
ある程度観察したら、また自然に放します。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。