2007年08月19日
スズムシ飼育に超特大ケース導入

もはや、飼育ケースではありません。
既存の飼育ケースの特大でさえ小さく感じると、ホームセンター内での足取りは、ペットコーナーからインテリアコーナーへと移ります。

上から見るとこんなかんじです。


スズムシ飼育に超特大ケース導入

土は今まで使っていたスズムシ用赤玉土が高いので、園芸用の「芝目土」にヤシ活性炭を混ぜて使いました。
その上にさらにヤシ活性炭をばら撒き、木炭を置いています。

プラケの容器の側面を排除し、えさ入れにしました。
これは、中に入りやすくするためです。
プラケのふたには、ナスを置いています。
カビてるように見えますが、下側の水滴がフラッシュに反射してるだけなので、ご安心を。

たくさん刺さってるものは、アイス用の木の棒です。
こんなにアイスを食べたわけではなく、アイス作り用素材として売られているものです。
垂直な面を好むスズムシに、少しでも垂直面を提供したいための策です。
木なのでカビが発生しないか気になりますが、ちょっとこれで様子を見てみます。


スズムシ飼育に超特大ケース導入

斜め上からのぞいた風景。
アイスの捧が人気のようです。
黒い網状のものは、植木鉢の底に敷くプラ製のネットの端に竹ぐしを固定し、竹ぐしを地面に刺しています。
ナスがカビていないのも、証明されていますw


スズムシ飼育に超特大ケース導入

鉢底ネットも好評のようで、ここに集まっています。
触角がぶつかり合うのが嫌いなプライバシー重視型スズムシは、みんなアイスの捧を選んでいます。


スズムシ飼育に超特大ケース導入

そんなわけで、垂直面に集まるスズムシでした。
ちなみに、垂直な面は脱皮するのに必須なものなので、ただ好きで集まっているわけでもありません。
コオロギ飼育には草むらがあればいいですが、スズムシ飼育は垂直面が必須です。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | スズムシ | 更新情報をチェックする
2007年08月17日
脱皮するスズムシ

さかさまになり、下に出てくる脱皮中のスズムシ。
触角は長いので、この時点でもまだ完全に出終わっていません。


脱皮するスズムシ

出たばかりは、限りなく透明。そして白色。
このあと、残った殻を食べて栄養にします。

触角としっぽを除いた体長は1cmほどになり、成虫になるまでの道のりの中盤にさしかかったかなといったかんじです。

ホームセンターでは、早くもスズムシの成虫が売られていました。
春に暖かくして孵化を促進させてやれば、早い時期から鳴き声を聴くことができます。
暑いときに聴くスズムシの声も、いいものかもしれません。
うちのは6月中旬の孵化なので、鳴き声を聴けるのは9月になりそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | スズムシ | 更新情報をチェックする
2007年08月10日
それらしい形になってきたスズムシの幼虫

体の各部がしっかりとし、どこが何かもはっきりわかるようになりました。
この幼虫は脱皮したばかりのようで真っ黒くないですが、他の幼虫には木炭の上にいるとわからないぐらい真っ黒クロスケもいます。


それらしい形になってきたスズムシの幼虫

この幼虫も、まだ真っ黒ではありません。
木炭が好きな幼虫が多く、すっかり溜まり場になっています。


それらしい形になってきたスズムシの幼虫

消化器官も成長し、おなかがぷっくりしています。
羽根が無いのをのぞけば、それらしいバランスです。


それらしい形になってきたスズムシの幼虫

ナスも穴があくまでかじるようになりました。
前までは表面の水分をなめる程度だったのですが、表面が乾燥してくるとかじって中のほうを食べているようです。


それらしい形になってきたスズムシの幼虫

とまあいろいろ書いてますが、まだまだこんなに小さいのが現状ですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
2007年07月25日
ナスを食べるスズムシの幼虫

もしかしたら、2回目の脱皮を終えた幼虫もいるかもしれませんが、ナスをもくもくと食べるスズムシの幼虫です。

気温が上がると木炭に塗った水の蒸発も早くなり、こうやってナスから水分を摂ります。奥のほうに、青い容器に黄色い粉末が入っているのが見えますが、これが主食です。

この主食は、にぼし粉末や穀物粉が入った人工飼料で、けっこうよく食べます。去年は毎日にぼしを替えていましたが、これがまた大変な作業でした。今年はおかげさまで楽になりました。
もし自分で人工飼料を作るとしたら、にぼしをすり鉢ですりつぶしたものにきな粉を加えれば、似たようなものができると思います。

最近はスーパーのチラシもよく見るようになり、ナスが安い日を探しています。
5本で150円前後だと“買い”です。大きさは小さい場合が多いのですが、スズムシ用には小さいほうが何かと便利です。
前に買ったナスもあと2本しかないので、そろそろまたチラシでも見るとしましょうか。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
2007年07月21日
脱皮した抜け殻を食べるスズムシ

孵化したときより大きな白い幼虫がいました。
どうやら、脱皮したようです。

よく見ると、写真中央上部に黒い脚があります。
脱皮したあと、抜け殻を食べて脚だけになっているときのようです。

全体の個体の大きさも大きくなり、みんな脱皮はしたようです。
小さくて影に隠れているので、なかなかその瞬間を撮影できません。
もっと大きくなれば、もしかしたらその瞬間に出会えるかもしれません。

5〜6日続いた孵化ラッシュも一段落し、孵化すべき卵は全て孵化しました。

現在の飼育では、カビとの戦いがテーマです。
木のエサ台はもちろんですが、エサ自体にもカビが生えてくるので、長くても2日に1回のエサ交換は必須です。
普段は毎日交換してますが、忙しくてつい交換しない日があるともうカビ発生です。

ところで、いつか掲載した飼育ケースの中にセットした竹製コースター、1日で2cmも菌糸を伸ばすカビが発生し、その菌糸の中に幼虫がからみつく大事件が発生。即座に竹製コースターを取り除きました。
竹にもカビが生えることに気づかなかったので、まさかの事件でした。
けっこう気に入ってたものだっただけに、無念な次第。
今は、木炭を追加投入しています。
黒いところが好きなだけあって、木炭にはよく張り付いています。

現在の主食は「スズムシのえさ」ですが、野菜はナスです。
キュウリをあげていましたが、腐敗までに時間が短く、1日もちません。
ナスも表面がすぐ乾燥するので、小さい幼虫のうちはあまり良くないかもしれません。
ということで、木炭の表面に筆で水を塗っています。
吸っている現場を目撃してるので、これはいい方法のようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
2007年07月12日
スズムシ飼育に大型飼育ケース導入

アゲハ飼育のときに使っていた大型飼育ケースが空いていたので、スズムシ飼育に導入しました。スズムシ飼育にとっては、追加という形になります。

孵化した数がものすごく、今の中型飼育ケースが大変なことになっていましたので、成虫になるのを待たずしての導入です。
真ん中の丸いものはキュウリ入れ、左右の水色のものはエサ入れ、黒い棒は木炭、ゴツゴツしたものは上り木、カーテンのようなものは竹製のコースター、マット上に散らばっている黒いものは、ヤシガラ活性炭です。


スズムシ飼育に大型飼育ケース導入

正面から見ると、こんなかんじです。
家康の本陣ではありませんw

スズムシは、垂直な面で休みます。
飼育個体数が多い場合、止まり木だけでは足りないので、単位面積あたりで最大の垂直面積を出すには、このような手法を用いるしかありません。
配置ですが、今回はわざと幾何学的にしてみました。
まるで五月人形かひなかざりのようですw

この垂直面は、コースターの左右と真ん中に竹ひごを固定し、その竹ひごをマットに刺しています。
竹ひごは2本だと倒れる可能性があるので、真ん中にもつけて3本にし、刺すときに一直線ではなく三角形になるように刺しています。
これでかなりしっかり安定します。
コースターは竹製で腐食しにくい素材ですが、念のためマットから少し浮く位置で止まるようにしてあります。
竹製のコースターは、100円ショップで4枚セットのものです。
100円ショップのものは使いようによっては便利で、旅行用クリーム入れはエサ入れになりますし、コースターも前述のとおりです。


スズムシ飼育に大型飼育ケース導入

この角度だと、コースターに竹ひごを固定しているのが見えると思います。
縛っているのは、園芸用のビニールがついた針金です。よく電気コードを縛っているアレです。
この縛り具合は、ペンチでしっかり縛ります。
そうでないと、せっかく宙に浮かせたコースターがずるずる落ちてきてしまいます。
繰り返しますが、家康の本陣ではありません。


スズムシ飼育に大型飼育ケース導入

キュウリとエサを入れてみました。
この日本的な飼育ケースの中では、もうすっかり富士山と鳥取砂丘に見えます。そんなわけはありません。
キュウリは先っぽのほうだったので、皮をむいてたらたまたまとがっただけです。


スズムシ飼育に大型飼育ケース導入

腹もぷっくりと膨らんで、体長も大きくなっています。
あと数日から1週間で、脱皮の日を迎えそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。