2006年09月18日
最後のアゲハ幼虫が前蛹に

最後まで長い間5齢幼虫だった幼虫も、このようにサナギになる準備を終え、前蛹となりました。
一時はやせ細り、★になってしまうんではないかと心配になりましたが、今夜か明日にはサナギになりそうです。

最後のアゲハ幼虫が前蛹に

前蛹になった場所は、ふたの裏の下部、イナバウアーくんの隣です。
奥に写っているのがイナバウアーくんになります。

この幼虫にも名前をつけなければなりません。
最後くんにしましょう。わかりやすいのがいいです。

他の4匹のサナギはいまだに変化無し。
羽化までに長い場合で1ヶ月ぐらいかかった例もあるようなので、このまま待ちます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年09月13日
4匹のサナギくんたち、その後全く変化がありません。
5齢幼虫も、まだそのままという状況。
急に寒くなったので、迷っているのかなぁ(´・ω・`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年09月09日
現在、4匹がサナギで1匹が5齢幼虫なのですが、サナギのようすをまとめてみます。

アゲハサナギの現状報告(拡大写真入り)

いまだ羽化のきざし無し_| ̄|○
予定では昨日が羽化予定日の1号くんも、緑あざやかで素敵です・・・(´・ω・`)

また何らかのきざしがありましたら、ここに書きたいと思います。

そんなわけで、小枝くんの超拡大写真を用意しました。
表面の質感や糸の食い込みが、ものすごくよくわかる写真になっています。(*´Д`)ハァハァ
500KBもあるので、興味のある方のみご覧下さい。

アゲハサナギの現状報告(拡大写真入り)
上の写真をクリックで超拡大

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年09月09日
アゲハ飼育ケースのおそうじ

幼虫のえさでもある山椒の葉も枯れ、底もふんだらけになっていたので、本日おそうじ実施。
庭にある新しい山椒の枝を入れ、底もきれいにしました。

黒い花瓶は100円ショップ、その横のびんはコショーの空き瓶です。幼虫が水死しないように、ティッシュでふたをしています。
サナギのうちの3匹はふたについているのですが、小枝くんだけは枝についているので、コショーのびんに枝をさしておきました。

よく見ると、枝中央部に小枝くんが見えています。撮影しやすいように、ケース壁よりにセッティングしました。
枝の先端部は山椒の枝と接しており、万一成虫が駆け上がっても大丈夫なようにしています。

庭の山椒の枝を切るとき、アゲハ幼虫の4齢と5齢を1匹ずつ発見しました。
卵から自然の中でここまで育った幼虫ですので、そのまま自然の中で成長させるように放置しました。

あと、同じ山椒の枝で5cmぐらいのはじめて見る幼虫もいました。調べてみたら、アケビコノハという蛾の幼虫のようです。
アケビコノハは、幼虫も成虫も見かたによってはきれいなのですが、見かたによってはものすごくグロなので、ここではあえて写真は掲載しませんが、興味のある方は検索でもしてみてください。
虫好きの方ならきれいと感じるでしょう。好きでない方は以後草むらには入れなくなるでしょうw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年09月08日
今日は1号くんの羽化予定日なのですが、いまだ緑色。

羽根の模様が透けて見えるようになれば翌朝羽化となるのですが、いまだ緑色。

少しのんびりやさんのようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年09月05日
アゲハのサナギの色が変わった!

きのうのブログに書いた小枝くんです。
なんと、かっ色に変身していました!びっくりです。
シブい、シブすぎるぜ、小枝くんよ・・・。

イナバウアーくん(下の写真)は、こんなに緑色なのに。

アゲハのサナギの色が変わった!

実はアゲハのサナギの色には、次の3色あります。
・緑色:つるつるして湿気の高い場所に多い
・かっ色:ざらざらして乾いている場所に多い
・オレンジ色:冬越しするサナギで、通称「越冬蛹」

なるほど、つるつるしたふたの裏のサナギは緑色、ざらざらしたサンショウの小枝のサナギはかっ色なわけだ。
しかし、きのうの写真を見ると、サナギになったばかりのときは緑色でした。ここから1日で急速にかっ色に変わったようです。

気になることは、見ようによってはオレンジ色にも見えること。
そうなれば越冬蛹、つまり来春まで羽化しないということになります。
夜は15度ぐらいにまで下がるようになったここ北国岩手、もしかするとやばいかもしれません。
冬が来ると思い込んで、春まで眠るかもしれません。
なんとか、かっ色なことを祈ります。

他のサナギはまだきれいな緑色ですが、1号くんの羽化予定日は今週の金曜日です。
まもなく黒ずみ始め、そして羽根のもようが透けて見えるようになり、早朝に羽化するものと思われます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る