2006年09月04日
4匹目が前蛹になりました。
今までは、ふたのところで蛹化したのですが、今回初めてサンショウの小枝で前蛹となりました。
今度こそサナギになる瞬間を撮影しようとしっかり気合いを入れて待ち構えて撮影したのが、下の写真です。

アゲハ幼虫4匹目がサナギに

撮影失敗です_| ̄|○

ちょっとタバコを吸いに目を離した瞬間、このありさまでした。
おまけにピントも合わず、今回も撮影失敗です。

それにしても早い。あっという間に皮を脱いでしまいます。
体をくねくねさせて皮を落とそうとする動きは見ることができたのですが、見たときにはすでに皮はしっぽの先でした。
そしてむなしく脱いだ皮が下にぽろり・・・。
落ちた皮の撮影を、むなしくしたのでありました(´・ω・`)

このサナギくんは、「小枝くん」と名づけましょう。
ここで名前の整理です。
・1号くん:ふた中間部の撮影しづらい端っこで蛹化した第1号
・天井くん:ふたの一番高いところでつり天井式に蛹化した度胸者
・イナバウアーくん:撮影しやすいふた中間部で蛹化した人気者
・小枝くん:今回蛹化した天然素材志向の自然派

残る1匹は、まだ5齢幼虫のままです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年08月30日
アゲハ幼虫が続々サナギに

きのうのイナバウアーくんです。りっぱなサナギになりました。

天井にくっついていた天井くん、サナギになる雰囲気ムンムンだったので、三脚まで用意して構えました。

アゲハ幼虫が続々サナギに

15分後・・・

アゲハ幼虫が続々サナギに

はやっっっ!ちょっと離れている間に蛹化完了。またしても瞬間撮影に失敗(´・ω・`)
くやしかったので、脱いだ皮を撮りました。

アゲハ幼虫が続々サナギに

頭の部分に縮こまった皮が付いています。
見たかったなぁ・・・・(ノ_・。)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年08月29日
アゲハ幼虫のサナギ準備のもよう(動画あり)

2匹目が蛹化準備完了です。これまた飼育ケースのふたの裏側、しかも天井部分になります。
しっかり糸にぶらさがって、落ちないようにしろよー。

アゲハ幼虫のサナギ準備のもよう(動画あり)

こちらは3匹目。またしてもふたの裏側です。やや低めの位置になります。
土台となる基礎的な糸は張り終え、今は体を支える糸の輪を作っているところです。
この糸の輪を作っているもようが、次の写真です。

アゲハ幼虫のサナギ準備のもよう(動画あり)

左側に糸の先を固定し、そのまま体をぐるりと回して反対側に固定します。
これを何回も何回も繰り返し、やがて太い糸ができあがります。
この10枚の写真のはじめから終わりまでは、約1分です。
このもようを、動画でも撮ってみました。



やがて太い糸ができあがり、その糸の輪に体を通します。
体を通したあとは、イナバウアーを何回もやって丈夫さを確かめるしっかり者なんですw

アゲハ幼虫のサナギ準備のもよう(動画あり)

いなばうあ〜だお〜♪
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(8) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年08月29日
きのうまでは、こんなに緑色だったのに

アゲハ幼虫サナギ第1号

今日の朝、なんだか黄色っぽくなって皮も白っぽく、中が透けて見えています。

アゲハ幼虫サナギ第1号

今日の昼、ついにサナギになりました。皮が白くなった幼虫の内側に見えていたのは、サナギのもようでした。
真ん中あたりに横にはしる白い線が見えますが、これが体を支えている糸です。

アゲハ幼虫サナギ第1号

アゲハ幼虫サナギ第1号

斜め上から見た写真です。体を支えている糸がよくわかります。
このように糸の輪を作り、その中に体を通すようにして固定されます。
サナギの下の先っぽは糸で接着されたようになっており、輪と点で支えられています。

そんなわけで、なんとかここまできました。
今見たら、あと2匹がサナギになる準備完了のようです。1匹はもう完全に動かなくなっており、皮を脱ぐだけのようです。
もう1匹は、しきりに糸を出して準備中だったのですが、先ほど完了したようです。
そのもようをじっくり撮らせていただきました。次のブログでまとめたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年08月28日
アゲハ幼虫、サナギ直前キタ━(゚∀゚)━!

1匹が飼育ケースのふたの裏側で動かなくなりました。
糸を張り、体をくの字にして蛹化準備完了です。

実に写真を撮りにくいところで準備完了したので、いい角度で写真を撮ることができません。糸を体に回して支えているのですが、カメラの角度が合いません。
いやはや、こうなったら裏側の接写といきますか。

アゲハ幼虫、サナギ直前キタ━(゚∀゚)━!

横にはしご状になったふたの網目のところに、たてに糸を張っています。
特に下の先っぽのところには、重点的に糸を出しています。上下に何十往復もして、このような糸を張ったのでしょう。
写真では見えませんが、1本の太い糸で体をハンモックのように支えています。1本の太い糸というのは不正確な表現で、たくさんの糸をたばねるようにして、じょうぶな太い支えをつくります。

この幼虫、きのうからやたら歩き回っていました。サナギになる場所を探していたのでしょう。健気というか、かわいいもんです。でかくてモチモチしてるので、なおさらです。

サナギになるところを見たいなぁ。でも人が見ていないところでこっそりサナギになるんだろうなぁ。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
2006年08月28日
アゲハ飼育の環境大変化

どでかい飼育ケースを購入し、その中に移しました。
えさ用に、2000円もするゆずの鉢木を買ってきたのですが、どうやら庭にサンショウの木があったらしく、早く言ってよ…というかんじですw

とりあえずサンショウの葉を枝ごとあげました。最初はとまどっていましたが、すぐに食べ始め、なんとかなりそうです。
せっかく買ってきたゆずの木、一枝だけ取っていっしょにあげたら、そっちもバリバリ音をたてて食べていました。

アゲハ飼育の環境大変化

下のほうの丸っぽい葉っぱがゆず、上のほうの細長い葉っぱがサンショウです。
このサンショウの葉っぱの匂いが強烈で、飼育ケースを置いている部屋の匂いがすごい状態になっています。カゴのようなものは、ここでサナギになってくれればいいなと置いてみました。

5齢になってからも幼虫はすくすく育ち、今では4cmぐらいあります。
1匹だけ4齢だった幼虫も、今では5齢になっています。

ところで1枚目の写真、下に敷いているティッシュに黄色い大きなシミができています。そうです。いわゆる‘下痢便’です。
幼虫はサナギになる直前に、このような下痢便をします。体の中にある食べたものを一気に全部出します。消化器官まで出しきると言われています。
葉っぱを食べて消化するのはこれで終わり。次からは花の蜜を吸うので、消化器官さえいらなくなるのです。

まもなく5匹のうちの1匹がサナギになるようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る