2019年04月19日
ユスラウメも開花

つぼみもかなりふくらんできたユスラウメですが、左上のほうでひとつだけ開花していました。


ユスラウメも開花

開花第1号。明日から続々と咲きそうです。


ユスラウメも開花

春はいいなぁー。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
2019年04月17日
そろそろ開花のユスラウメ

気温もぐっと上昇し、ユスラウメもそろそろ開花しそうです。
街の桜もそろそろ咲きはじめっぽい。
あーーー、やっと春が来たー。
タグ:ユスラウメ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
2018年06月30日
ユスラウメが超大量収穫

おやつ代わりにユスラウメの実を食べていたのですが・・・


ユスラウメが超大量収穫

いくらとっても、まだまだ実がなっています。


ユスラウメが超大量収穫

さらなる収穫。3つ合わせて2.3kgありましたw
さすがに親もこれには困ったらしく、ついにジャムを作る決心がついたようです。

一気に収穫したのは、カラスが3羽も来て枝から食べ始めたため、枝が折れる被害が出ているから。
樹形を考えつつ剪定しているので、樹形が乱れるわけです。

とにかく今年はユスラウメも四季なりイチゴもブルーベリーも実がつきすぎ。そういう年なんでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
2018年06月22日
色づくユスラウメの実

ユスラウメの実が赤く色づいてきました。


色づくユスラウメの実

今年は四季なりイチゴやブルーベリーをはじめ、いろいろ豊作の年になりそうです。ユスラウメもたくさんの実をつけています。
ユスラウメは、着果数が多いと自ら落果させて調整をとるのですが、今年はこの初期落果数もかなり多かったです。
サクランボほどおいしいわけでもないですが、おやつ代わりにはなります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
2018年05月17日
ユスラウメにふくろみ病発生!

4年ぶりにユスラウメに「ふくろみ病」が発生中。しかもけっこうな規模。


ユスラウメにふくろみ病発生!

これが正常な実。ふくろみ病の実は上のように袋状に誇大化します。


ユスラウメにふくろみ病発生!

見つけ次第撤去。けっこうあります。まだまだ増えそうなので、日々観察&撤去となりそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
2018年05月02日
ユスラウメにいたリンゴケンモンの幼虫付近に突如として現れたマユらしきもの。
その宿主を見たくてネットをかぶせていましたが、ついにその宿主が姿を現しました。


謎のマユの宿主判明!

います!ストッキングネットの中に何かがいます。出してみます。


謎のマユの宿主判明!

宿主判明。コマユバチのような寄生バチです。


謎のマユの宿主判明!

リンゴケンモンの幼虫は、この寄生バチに寄生されていたのであります。しかも3匹とも。


謎のマユの宿主判明!

してやったりの寄生バチ。羽化までたどり着きました。


謎のマユの宿主判明!

マユは、片側だけがふたが開いたようになっていました。


謎のマユの宿主判明!

ここから出てきたようです。


謎のマユの宿主判明!

きれいに口で噛んで切り落としたものと思われます。


謎のマユの宿主判明!

たいしたもんです。


謎のマユの宿主判明!

いやはや、まん丸w


謎のマユの宿主判明!

3匹のリンゴケンモンの幼虫は3匹とも寄生され、その寄生宿主は3匹とも羽化しました。

生命体の体の中では、情報や命令は化学物質や電気信号を使って伝達されるものですが、寄生する宿主も化学物質を使って寄生先の生命体をコントロールします。なので、寄生先の生命体は寄生主の卵や幼虫に都合の良いように動き、そして死んでいきます。
今回の様子を振り返って見てみると、リンゴケンモンの幼虫は発見時からそのような動き方をしていたように思えます。
自身の意志はすでにそこには無く、すべての動きが操られた結果であったわけです。
瞬間的には本能だけで生きている昆虫も、長いスパンで見ると、そこに知能を感じることができたりします。進化の過程という次元の中に知能があるのでありますな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。