2013年10月07日
ブロッコリー10cmに生長

かなり加速的に大きくなっているブロッコリー。近いうちに収穫となりそうです。


ブロッコリー10cmに生長

直径は10cm。これぐらいで売っているものもありますが、もう少し大きいサイズで売っていることが多いです。


ブロッコリー10cmに生長

産直やスーパーで売られている商品のつぼみの開き具合を観察していますが、ベランダでも注意深く観察しなければなりません。つぼみが開きかけている状態はすでに収穫時期が過ぎているので、開くオーラを発する前に収穫しなければならないことになります。まさに毎日観察ですが、ベランダなので苦ではありません。
ブロッコリーは、硬めに茹でてバキバキ食べたいですな。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年10月06日
ももこと凛々子、最後の収穫

トマト系の栽培の打ち切り時はいつになるのか、それは待っても待っても青い実が赤くならなくなったときにしています。これは、気温や株の老いによるものなので、待っていてもしょうがない状況になります。
そんなわけで、ちいさなももこ3個と凛々子6個を収穫。青い実もまだついていましたが、ここで打ち切りです。

凛々子は、5回目6個の収穫となりました。
8個(8/19)13個(8/26)4個(9/3)18個(9/18)+6個(10/5)=49個

ちいさなももこは、9回目3個の収穫。
7個(8/17)12個(8/21)23個(8/26)26個(9/3)6個(9/7)18個(9/12)23個(9/15)18個(9/18)+3個(10/5)=136個


ももこと凛々子、最後の収穫

収穫後の2種類のトマトの株。葉っぱがかなり老いており、見ての通りトマトの季節は終わりです。
この夏は明けても暮れてもトマトの季節でした。当初はミニトマトひとつの予定でしたが、カゴメの懸賞が立て続けに当選し、2種類のトマトを追加栽培するという嬉しい悲鳴だったわけです。
おかげで種類による味や食感の違いがよくわかり、トマトにもいろんな味があるんだなとつくづく実感。もしこれがカゴメの最終目的だったのであれば、見事に成功している状況になります。
まさにあげるほうももらうほうもみんなが喜ぶこの懸賞、カゴメやるぢゃん!なわけですな。

来年は1種類のミニトマト栽培の予定です。肥料をちゃんとあげれば甘いミニトマトができることを実証できたので、来年も元肥と追肥はしっかりやろうと思います。
今年のトマト栽培、これにて終了。リコピンいっぱいとったどぉー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年10月06日
ホウレンソウ、失敗か

ホウレンソウを育苗目的でポットに蒔きましたが、発芽した芽の育ちが悪いばかりか、いまだに発芽しないポットもあります。
こりゃやばいですな。原因は不明ですが、何点かしか思いつきません。
 ・種を蒔いた季節が早すぎた(高温)
 ・種を水に浸けた期間(2日間)が長すぎた
 ・たまたま悪い種を選出してしまった

そんなわけで、今度はプランターに直接種を蒔く方法に切り替えたいと思います。置き場所はベランダ。うまくいくかどうか、まだまだ不安のホウレンソウ栽培なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年10月05日
20cm級キャベツを初収穫

ベランダのキャベツもかなり大きくなり、そろそろ収穫かなと見てみたら…


20cm級キャベツを初収穫

内部に亀裂が発生しているのを発見。そういえばこんなことがあるとかどこかで見たなと調べなおしてみたら、これは裂球と言って、収穫時期が遅れた場合にいろいろなことが原因で起こるらしく、とっくに収穫時期を迎えているので即収穫せよということです。
そんなわけで、ややドタバタしつつの収穫となりました。7月28日に苗の準備をしたので、69日目の収穫です。


20cm級キャベツを初収穫

できたー♪(^O^)
重量もかなりあるので、おそらく中身もぎっしり詰まっていると思います。完全無農薬の自家栽培のキャベツ、本日収穫。


20cm級キャベツを初収穫

直径は20cmぐらい。扁平ではなく普通に球体になっているので、体積としても十分な量になっています。


20cm級キャベツを初収穫

切り口は3cmほど。いいかんじで育ちました。


20cm級キャベツを初収穫

断面確認。葉がぎっしりと詰まっており、満足の領域。裂球したことを除けば、スーパーで売っているものと同等レベルの品質です。


20cm級キャベツを初収穫

収穫後のキャベツの葉っぱ。これらの葉っぱは飼育中のカタツムリやエンマコオロギへのプレゼントとなりますが、もはや食べきれる量ではありません。
カタツムリ飼育史上、最も新鮮で最も安全なキャベツの葉っぱをカタツムリにあげるときがとうとうやってきました。このもようは、後ほどあらためてアップします。


20cm級キャベツを初収穫

収穫約1時間後の試食。ソースをかけて食べるのが自分のど真ん中なのであります。
さっそく食べてみましたが、大げさではなく初めての食感です。何と表現したらいいのか難しいですが、剛性があるのに柔らかいと言うか硬いのに剛性が無いと言うか、BAKIBAKIと言うよりはPAKIPAKIのほうが近いです。噛む力をさほど入れなくてもポキポキ折れていくかんじ。しかし、とんでもなく水分が多くてジューシーなので、パサパサ感はゼロです。梨を食べているときと同じような水分感を口の中で感じました。
味は、これはもう言うまでもないですが果実レベルの甘さです。カバになって丸ごと1個ガブリと噛みたくなりました。
なんと言いますか、これは本当に果物に近いです。筋の存在を感じない歯ごたえ、それでいて快適な範囲の歯ごたえはあります。
総じて、個々の要素が高いレベルでバランス良く結合している食べ物と言えるかもしれません。この味でこの量なら、500円ぐらいしていても商品価値はあるでしょう。

今回初めてキャベツを栽培したわけですが、気付いたことを自分用にメモメモ。
・裂球の数日前に同位置に1本の亀裂があった。その時点で即収穫すべし。
・収穫時の葉っぱは熟したスイカのごとくパキパキ折れやすくてしなりがほぼ無い。
・軸は意外に柔らかくて普通の包丁で切ることができた。
・栽培後半で葉を起こしての水やりが大変だった。
・アオムシは数回ついたが早期発見でわずかな食痕で済んだ。
・その幼虫はメイガの幼虫に似ていた。体長5mmで黒点あり。
・スジグロシロチョウ成虫の飛来は3度確認。産卵あり。
・下葉の寿命による枯れ葉は3枚ぐらい除去。質感は紙。腐敗は無し。
・結球後はある時から加速的に大きくなる。
・下葉が鉢の縁で全体を支えるので強風時でも大丈夫。
・来年も作るどぉー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年10月02日
九条太ネギの初収穫

種蒔きから2か月ほど経ちましたが、ちょっと食べる分には十分な大きさになりました。
今回ちょっと食べたい関係で食べる分だけ収穫です。


九条太ネギの初収穫

これが食べる分。1人1回1食分です。先着2000名ではないので注意。
今回はラーメンに入れるために収穫したのですが、ネギは切っても切ってもどんどん伸びてくるので、「ちょっと収穫」するには最適な野菜でもあります。もちろん、すき焼きなどで大量に使うときは2〜3本引っこ抜いてもOKです。

家庭菜園の喜びは、採ったばかりの完全無農薬の野菜を鮮度100%の状態で食べることができることです。
これは食費が浮くレベルの喜びではなく、ある種の生活スタイルを実践している幸せの部類の話になります。
土代やプランター代や手間ひまを差し引いたら完全に赤字になることはその通りですが、前述した幸せの価値を伴うのが家庭菜園であるならば、それはまさしく心の黒字とぁぃなるのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
2013年09月30日
キャベツ&ブロッコリー途中計測

現在のキャベツの結球は、直径15cmちょっと。押してみると完璧に硬いので順調のようです。


キャベツ&ブロッコリー途中計測

ブロッコリーのつぼみは、5cm弱。まだまだ収穫できる大きさではありませんが、日々生長中です。


キャベツ&ブロッコリー途中計測

キャベツの下のほう。鉢の向こう側に茶色くなった葉っぱが見えます。葉っぱにも寿命があって、古い葉っぱからどんどん枯れていきます。湿って腐ってくるようであれば取り除きますが、紙のようにカラッカラになっていてじめじめする可能性も無いので、このまま放置。


キャベツ&ブロッコリー途中計測

ブロッコリーも同様。つぼみが出てくる少し前ごろから、葉っぱの老化が始まりました。青っぽかった葉っぱが徐々にキャベツの葉っぱのように緑色になり、そして黄色く枯れていきます。
わき芽はどんどん伸びていますが、そこから出てくる葉っぱは青っぽい従来の色です。今は、わき芽とつぼみに栄養が送られており、葉っぱ第一&生長第一の季節はすでに終わっています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。