2014年10月25日
ミニ大根の収穫

順調に育つミニ大根ですが、スが入らないうちに収穫することにしました。


ミニ大根の収穫

いいかんじの太さになりました。


ミニ大根の収穫

この瞬間が最も緊張する瞬間。ほっと安心した瞬間でもありました。


ミニ大根の収穫

まずまずですな。変な形でなくてよかった次第。


ミニ大根の収穫

5本とも無事に収穫できました。


ミニ大根の収穫

6〜7cmの太さ。長さは20cmちょっとあります。


ミニ大根の収穫

こっちは5〜6cmの太さ。長さは20cmぐらい。


ミニ大根の収穫

ミニ大根は長さが短い品種なので、深めのプランターでも栽培できます。


ミニ大根の収穫

抜いた後のプランター。
小カブもそうですが、ミニ大根も葉が広がるのでけっこう場所を取りました。ニンジンなら葉をうまくまとめることもできますが、小カブやミニ大根はあまり自由度が高くない葉なので、せいぜい老いた葉を刈り取るくらいです。
エカキムシの発生はテデプッチンが可能な範囲で発生しました。ただ、葉を裏返さないと発見できないことも多く、今回の収穫の際も全部の葉の裏表をくまなく確認した結果、2匹を発見した次第。

食べ方はこれから考えますが、根の部分はとりあえず味噌汁にしたいですな。葉の部分は同じく味噌汁にしたり、干して味噌汁の具の保存食にするかになると思います。
とりあえず完全無農薬を維持できた状態で収穫できたのは歓喜。ベランダなので地上ほど虫が来ないという条件も大きいと思います。床材の照り返しの太陽熱や強風が大敵ですが。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月19日
小カブの収穫

5〜6cmに育った小カブですが、小カブはこのぐらいで収穫するようなので、"ス"が入らないうちに収穫しました。


小カブの収穫

抜くときは葉を持って上に抜くのが一般的ですが、葉っぱも食べるのでできるだけ傷めないように白い部分を挟みながら上に抜きました。


小カブの収穫

8個とも無事に収穫成功。エカキムシが発生していた葉っぱが5〜6枚あったので、その葉っぱは取り除いています。


小カブの収穫

大きさは5〜6cm。根こぶ病も発生しないで済みました。


小カブの収穫

一時は台風で傾いたカブでしたが、今日まで頑張ってくれました。


小カブの収穫

抜いた後のプランター。今回は8個植えましたが、もっとぎゅうぎゅう詰めに植えてもちゃんと収穫できるようです。ただ、葉っぱが茂りすぎるため、強風環境のベランダ菜園では適度な間隔を作った次第。

収穫したカブは、浅漬けにして食べました。"ス"も入っていなく、おいしいカブでした。
葉っぱのほうは味噌汁の具にしたのですが、これがけっこうおいしかったわけです。香り良し、味良し、風味良し。葉も柔らかく、カブ独特の香りも楽しめました。


小カブの収穫

プランターが余っていたので、少し前から始めた小カブ。置き場所はベランダではありませんが、まあカブはならないでしょう。


小カブの収穫

家族が管理している庭の畑は、ダイコンの収穫を残すのみ。
今日サツマイモを収穫していたようです。


小カブの収穫

だめだこりゃ(^Д^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月18日
ベランダ菜園実況その2

台風対策であれやこれやのトウガラシ。ほとんど収獲しましたが、いくらかまだ実がついていたので撤去はしていません。


ベランダ菜園実況その2

まだ10本ぐらいは収穫できそうです。


ベランダ菜園実況その2

すでに収穫して天日干し中のトウガラシも、かなり乾燥してきました。


ベランダ菜園実況その2

カラカラですが、まだパリンパリンではありません。ミルサーで粉砕するので、パリンパリンになるまで乾燥させます。


ベランダ菜園実況その2

少し前にまた収穫して食べました。ミックスレタスは手軽でいい野菜です。


ベランダ菜園実況その2

夜の気温が4℃とか5℃とかになってきたので、四季成りイチゴも葉を固くしてきました。
さらに気温が下がるころには、緑色の葉も少なくなるでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月17日
ベランダ菜園実況その1

右がミニ大根、左が小カブ。どちらも収穫が近い状態です。


ベランダ菜園実況その1

小カブもミニ大根も、直径が5cm〜6cmに育ちました。小カブは近日中に収穫したいと思います。


ベランダ菜園実況その1

九条太ネギは食べても食べても伸びてきます。


ベランダ菜園実況その1

1回に葉を1本食べていますが、これが切った跡です。ど真ん中の1本を残しながら、その周辺を切るのであります。


ベランダ菜園実況その1

サンガイネギは、すでに冬支度。上からどんどん葉を枯らしつつ、耐寒態勢を整えつつあります。


ベランダ菜園実況その1

ここにきて心配なのがハクサイ。結球したかなと思っていましたが、そこからの追い込みに勢いがありません。


ベランダ菜園実況その1

待っても待っても葉が詰まるばかり。玉ができてきません。
初めての栽培なので、こういうものなのかどうなのかがわからない次第。とりあえず、ここで追肥を実施しました。何となく肥料切れっぽい気がしたのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月11日
キャベツの収穫

キャベツもそろそろ収穫だなーと思って葉を見てみたら…


キャベツの収穫

内側の葉に小さな裂け目を発見。これは裂球の前兆だと判断し、ここで収穫することにしました。


キャベツの収穫

長径で18cm。裂球前としてはまずまずでしょう。


キャベツの収穫

平べったくも無いので、体積も普通ぐらいです。重さは見た目より重いです。


キャベツの収穫

半分に切ってみたら葉がぎっしり隙間無く巻いており、しかも芯も短めです。
これはかなり良質な出来栄えで、味もまだ苦味が出ていない時期で甘味を強く感じるキャベツっぽいです。これは大成功。やっぱり、やや早めの収穫が良さそうです。


キャベツの収穫

濃い緑色の外葉は、カタツムリとコオロギにあげようと思います。


キャベツの収穫

収穫後の角型鉢。芯の太さが去年より細いですが、肝心の出来栄えは良かったので満足な次第。
今年は丸型鉢から角型鉢に変えてみましたが、やはり角からの水やりが便利になりました。
丸鉢の中で丸いキャベツが大きくなると、鉢の端を全周にわたってふさぐ感じになります。去年はそれで水やりに苦労していたわけです。


キャベツの収穫

こっちも収穫。上の幼虫はここの幼虫ですが、今回新たにもう1匹を採取。


キャベツの収穫

せっかくなので保護することにしました。まだ小さいので生命力的に心配な点もありますが、とりあえず飼育レベルで管理していきたいと思います。つか、飼育ですな(^O^)


キャベツの収穫

そんなわけで、さっそく食べてみました。食べ方は昨年同様、刻んでソースをかけるのがお気に入り。
初めにソースをかけずに食べてみましたが、葉脈のあたりがグラニュー糖に近いほどの甘さがあってびっくりした次第。昨年は裂球したのでショリショリしつつも厚みがありましたが、今年はシャキシャキしつつも甘味が強い感じです。トータルでは、今年のほうが上ですな。
ソースをかけて食べると、これはもう歓喜。これならチョウも卵を産みにくるはずだとチョウの気持ちがわかりました。

左は鍋焼きうどんですが、ネギはさっきベランダからとった九条太ネギ、一味トウガラシは昨年のベランダのトウガラシです。
九条太ネギは50cmぐらいになった葉を1本切り、それをハサミで乱切りして入れます。気温が下がってきたせいか、次第に甘さも出てきました。歯ごたえもシャキシャキで、これまた美味。味的においしいので、薬味というよりは野菜として入れています。
一味トウガラシは相変わらず雑味の無い素直な辛さがストレートにきて、爽やかな辛さになっています。

今年もいろいろな完全無農薬野菜を堪能している次第。恐らく、じじぃになってもやってると思いますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月10日
今度の台風は規模も大きく、進路によってはこっちもかなりやばそうな次第。
まともに来たらキャベツさえも玉が吹っ飛んでどこかに消えてしまいそうなわけです。
良くも悪くも3連休なので、台風情報を見ながらベランダの野菜たちをどうするか考えたいと思います。
最悪の状態だと、全野菜を一度ベランダから撤去して車庫に避難させるかも。
風よけネットうんぬんの策もありますが、なんせベランダ。そんなもんはネットごと吹っ飛んでいきそうなので、下手に風に逆らえないのであります。
いやはや、ここ数年でいちばんの緊張を迎えているわけです。停電も覚悟ですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。