2014年10月10日
スジグロシロチョウの幼虫がキャベツにいた

ややっ!キャベツの奥の方に食痕発見。写真中央部です。


スジグロシロチョウの幼虫がキャベツにいた

奥の方に潜られると駆除が困難になるので、これは犯人を早期確保しなければなりません。


スジグロシロチョウの幼虫がキャベツにいた

探しに探してようやく見つけました。


スジグロシロチョウの幼虫がキャベツにいた

スジグロシロチョウの幼虫っぽいです。ついにシロチョウ科の襲来です。


スジグロシロチョウの幼虫がキャベツにいた

斜め上から見たところ。キャベツと言えばこれですな。


スジグロシロチョウの幼虫がキャベツにいた

真横から撮影中に、いきなりフンをしました。たくさん食べていたようです。


スジグロシロチョウの幼虫がキャベツにいた

黒い毛の先の水滴は朝露だと思います。


スジグロシロチョウの幼虫がキャベツにいた

体長は9mm。まだまだ小さな幼虫ですが、このまま放置すると数センチに成長して葉っぱを穴だらけにしてしまいます。
完全無農薬栽培を目指す家庭菜園なので、日々観察&早期駆除なわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月09日
ミニ大根のエカキムシを採取

ミニ大根の葉っぱにエカキムシが発生中で、見つけるたびにテデプッチンしています。
エカキムシは属名で、正確にはハモグリバエかナモグリバエの幼虫です。葉っぱの表の皮と裏の皮の間の葉肉を食べながら移動するので、このような食痕になる次第。


ミニ大根のエカキムシを採取

葉っぱを裏返したら、黄色い楕円形のものが見えました。これがエカキムシです。
薄皮のすぐ下にいるので、表側か裏側のどちらかから見ると発見できます。ミニ大根にいたということで、ハモグリバエではなくナモグリバエの可能性が高いです。


ミニ大根のエカキムシを採取

薄皮の下で栄養たっぷりの葉肉を食べるナモグリバエの幼虫。成虫は名前の通りハエです。


ミニ大根のエカキムシを採取

薄皮を剥いてみました。ハエの幼虫なので、いわゆるウジ虫型の幼虫になります。黒く見えるのはフン。


ミニ大根のエカキムシを採取

背中側から見たところ。左側が頭です。


ミニ大根のエカキムシを採取

これはひっくり返っている状態。左側のとがった方が頭です。


ミニ大根のエカキムシを採取

体長は1.6mmくらい。体幅は1mm弱。
エカキムシはスナップエンドウなどでも多発しますが、カブや大根系でもかなり発生します。
特にカブや大根系では葉っぱも収穫対象なので、エカキムシは勘弁していただきたい次第。とにかく早期発見に努め、葉っぱが網目模様にならないようにしなければなりません。
ちなみに薬剤を使って駆除する場合は、葉の中にいるので根から吸わせるタイプのものがいいそうです。まあ、使うつもりはありませんが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月09日
そろそろ収穫のキャベツ

長径18cm、短径15cmにまで育ったキャベツ。去年は欲張って20cmにまで育てたのですが、裂球も同時に発生してしまいました。
今年はやや早めの収穫を予定しています。つか、そろそろ収穫するかもな次第。


そろそろ収穫のキャベツ

台風で雨もたくさん降りましたが、今年は水やりのペースを守れたので、土壌中の水分量の変化は許容内でしょう。水やりを日常的に多めにしていたので、台風の雨も日常的なわけです。
今年もおいしいショリショリキャベツを食べることができればと祈るばかりなのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月08日
台風の強風で小カブが斜めになった

台風対策でベランダの壁沿いに避難させていた小カブですが、こんなかんじで被害が出ました。
左上は長い間強風にさらされたことによる倒れ。全体がそっくり斜めになっており、このような被害は3株に及びました。
右上と右下は葉の茎の折れ。これは4箇所発生しました。左下は葉の折れ。これは1か所発生。
他にも風で何度も叩きつけられたことによる葉の傷みが数か所ありました。
ベランダ菜園の敵は、強風と照り返しの熱。まだまだ台風シーズンが続くので、今後も要注意ですな。


台風の強風で小カブが斜めになった

他の野菜は無事。心配していたネギの折れもありませんでした。
子カブとミニ大根は葉を激しく揺られたので、多少疲れているようです。
サンガイネギの葉の上部が枯れかけてますが、これは季節による自然現象です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月05日
台風に備えるベランダ菜園

こっちにも台風の影響が出そうというわけで、残りのホウレンソウを収穫することにしました。


台風に備えるベランダ菜園

今回は根が見えるあたりまで掘り、根をハサミで切って抜きました。


台風に備えるベランダ菜園

十分な大きさ。十分な量。3度目の正直で、やっと人並みの収穫となった次第。


台風に備えるベランダ菜園

ミックスレタスも強風で折れる可能性があるので、葉を摘む形で収穫。


台風に備えるベランダ菜園

葉を摘んだあとのミックスレタス。まだまだ採れそうです。


台風に備えるベランダ菜園

ミニ大根は風で多少の被害が出る想定なので、被害を助長させないように枯れかけていた下葉とエカキムシ発生の下葉を除去。


台風に備えるベランダ菜園

エカキムシは10箇所ほど発生していました。


台風に備えるベランダ菜園

九条太ネギや小カブといっしょに壁沿いに避難。その他の小物も風で飛ばないように固定しました。


台風に備えるベランダ菜園

天日干し中のトウガラシも、今晩のうちに家の中に入れます。


台風に備えるベランダ菜園

乾燥していないものはツルンツルン。乾燥したものはシワシワ。完全に乾燥すると、押したときに皮にパリンと亀裂が入ると同時に、中の種がボロボロ落下してシャカシャカ音がします。

月曜日は一日中雨予報。風も強くなるようなので、庭の木の枝も全部点検して、やばそうな箇所は枝が振られないように固定しました。鉢植えなども車庫に入れ、準備万端。いやはや、日曜日でよかった次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
2014年10月05日
トウガラシの収穫

いつ収穫してもいい状態で今日まで来ましたが、台風による不慮の被害を避けるため、本日収穫した次第。


トウガラシの収穫

3本の株から115個の真っ赤なトウガラシがとれました。昨年は63個だったので倍近い数です。
今年栽培したトウガラシは、札幌大長なんばんという品種でした。昨年と違い、背丈は1.5倍、実の大きさも大きめです。昨年の品種は産直から買った苗なので不明です。


トウガラシの収穫

かなりいい実ができました。背丈が伸びて苦労した札幌大長なんばんでしたが、ここでほっとした次第。


トウガラシの収穫

まだ青い実もありますが、昨年は気温の低下とともに赤くならない実が続出したので、これらも赤くならないかもしれません。


トウガラシの収穫

赤くなりかけている実もあります。これは赤くなってくれるでしょう。


トウガラシの収穫

収穫後のトウガラシ。おかげさまで、また1年間辛い日々を送れそうです。感謝感謝。

収穫したトウガラシは、天日干しにしてカラカラに乾燥させます。恐らく冬までかかるでしょう。
乾燥したら種を取り除いてミルサーで粉砕します。これを密封ビンに入れて冷蔵庫で保管し、使う分だけ小ビンに入れてテーブルの上に置いておけば、1年は使えます。いわゆる、一味唐辛子です。
ちなみに、昨年のトウガラシがまだ少しだけありますが、今年は倍近い収穫となったので1年で食べきれませんな。鍋焼きうどんだけでなく、肉じゃがや豚汁にも自家製を使っていきたいと思います。
自家製唐辛子と市販品との違いは風味等々いろいろありますが、辛みで言うと、自家製は早く辛みが来て早く抜けていくかんじ。辛みレベルは市販品より強いです。
そのため、スパイシー感が強いと同時に爽快感も強い素直な辛みになります。この感覚は言葉にするのが難しいのですが、これが思いのほか最高でトウガラシ栽培を続けている次第。
来年もまたやります。つか、市販品のトウガラシに戻れなくなっていますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。