2015年10月13日
純筋あり4兄弟と純筋無し4兄弟

純筋あり4兄弟は最近急速に成長中で、殻の直径は2cm弱くらいになりました。カットルボーンもよく食べています。


純筋あり4兄弟と純筋無し4兄弟

そんなわけで、カットルボーンも交換した次第。


純筋あり4兄弟と純筋無し4兄弟

純筋無し4兄弟の殻は2cmちょっと。相変わらず兄弟同士でじゃれ合っています。


純筋あり4兄弟と純筋無し4兄弟

カットルボーンが凹んでいるように見えますが、これが食べて減ったところです。
カタツムリは殻を作る必要があるのでカルシウム分を摂取しなければなりませんが、飼育環境ではカットルボーンやボレー粉、卵の殻などをあげたりします。
カットルボーンはイカの甲(骨)、ボレー粉は牡蠣殻を粉砕したものですが、広義的に貝系統の生物が作りだしたカルシウムを陸貝であるカタツムリが摂取して殻を作ることになるので、輪廻転生というか再利用というか、ぐるぐる回っているわけです。

人間が住むところではコンクリートを食べてカルシウム分を摂取したりしていますが、あれはコンクリートに含まれるセメントの炭酸カルシウムを食べていることになります。特に雨が降るとコンクリートからは微量の炭酸カルシウムが流れ出るので、コンクリートに集まるわけですな。
自然界のカタツムリは石灰岩が多い地域に多く生息する傾向がありますが、石灰岩はセメントの原料です。自然界でもちゃんとカルシウムが多いところで生活しているわけです。
石灰岩は雨水からできたものもありますが、サンゴが堆積してできたものも多いです。海底でサンゴが堆積し、地盤隆起などの地殻変動で陸地になって地上に姿を現したものが石灰岩なわけです。つまり、石灰岩も生き物が作りだしたカルシウムが多く含まれており、地域によってはサンゴの堆積物そのものだったりします。

生き物の死骸からできた原油を燃焼させて二酸化炭素を作りだすだけの人間は、地球から見れば掟破りの極悪生命体です。人間は文明を加速させるために、ひとつの星のシステムとは別のパンドラの箱を開けてしまったのかもしれません。目先のリサイクルはしたとしても、基本的に戻れないでしょう。
もしかしたら、どこの星でもどの生き物でも文明を持つことを選択した生き物は、地球の人間のように消費と破壊をしなければ生きられない生態を持ってしまうのかもしれません。
一度文明を持ってしまったら、それは終わりのない進化。まさにパンドラの箱です。進化とは優れたことなのか、文明とは高度なことなのか、じつは単なる生態スタイルのうちのひとつであるということなのかもしれません。
二酸化炭素を排出しない電気自動車も二酸化炭素を排出して作られた電気で走るわけで、人間とはまさに奇妙な生態を持った生命体だなと思う次第。しかし、そんなことよりも小松菜をいつ収穫するのかを考えなければなりません。にんげんだもの(^^ゞ


posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(7) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年09月19日
現在アオモリマイマイというカタツムリを飼っているわけですが、あらためて6グループ20匹を紹介したいと思う次第。

全カタツムリの紹介

通称「老夫婦」。筋ありと筋無しのペアです。いちばん若い個体から見れば爺さん婆さんにあたります。雌雄同体ですがw
数えてないので定かではないですが、もう5〜6年は生きているはず。それでも今年も産卵してました。
粘着力の低下や乾燥に対する耐性、殻の劣化等で老化現象が見られますが、意外と元気です。
お互いを常に意識して確認しあっており、仲の良さはいちばんでしょうな。


全カタツムリの紹介

ちょっと湿度が下がるとすぐ膜を張って閉じこもります。この自己防御の対応の速さが長生きの秘訣かもしれません。


全カタツムリの紹介

通称「2母」。「老夫婦」の子どもにあたる筋ありと筋無しのペア。人間で言うと5〜60代の雰囲気。決して若い個体ではありません。ミニ水槽に殻を入れて休んでいることが一番多いのがこのグループ。
好き嫌いも激しく、サツマイモ以外は見向きもしないときもあります。殻の大きさは4cmを越え、飼っているうちでは最大です。


全カタツムリの紹介

意外と飼い主を理解している個体でもあります。


全カタツムリの紹介

通称「筋無し4兄弟」。このグループも「老夫婦」の子どもです。「2母」とは1世代分の年の離れた兄弟。
小さなころからやんちゃで冒険好き。いちばん馴れているグループです。
今ではすっかり大人になり、後出する「純・筋無し4兄弟の赤ちゃん」の親にあたります。


全カタツムリの紹介

いまだにじゃれて遊びます。もう親なのにw


全カタツムリの紹介

通称「筋あり4兄弟」。このグループも「老夫婦」の子どもです。「2母」とは1世代分の年の離れた兄弟。「筋無し4兄弟」とは同世代の兄弟。
平和主義で淡々と生きるタイプ。衣食住的にはいちばん安定しているグループ。後出する「純・筋あり4兄弟の赤ちゃん」の親にあたります。


全カタツムリの紹介

まあ、たまにはじゃれます。


全カタツムリの紹介

「筋無し4兄弟」の子どもの「純・筋無し4兄弟の赤ちゃん」ですが、いつまでも赤ちゃんではないので今回から「純筋無し4兄弟」に改名します。
殻の直径は2cmを越え、着々と成長中。新規にミニ水槽を追加しました。卵の殻を入れているのは嗜好性の確認のため。


全カタツムリの紹介

いわゆる「筋無し」は昔から兄弟愛が強いような気がします。親に当たる「筋無し4兄弟」も子どものころからかなり仲の良い兄弟でした。


全カタツムリの紹介

「筋あり4兄弟」の子どもの「純・筋あり4兄弟の赤ちゃん」ですが、こっちも改名で「純筋あり4兄弟」にします。
殻の直径は1.5cmを越え、筋もますます濃くなってきました。今はミニミニ飼育ケースですが、そろそろ小型飼育ケースに移そうかなと検討中。その際はミニ水槽も追加を考えています。


全カタツムリの紹介

今がいちばん冒険盛り。このようなときによくふれあって、飼い主を理解させるようにしています。


全カタツムリの紹介

そんなこんななので、保存のきくカットルボーンだけは買いだめ。大人になるとたまにかじる程度ですが、子どもの頃はかなり食べます。食べるということは欲していることなので、ずっとこれを使っています。


全カタツムリの紹介

余談ですが、飼育ケースの掃除中に「2母」の砂利の中から発見した貝殻。長さは5mmぐらい。
何かの守り神になるかもしれないので、また混ぜておいた次第。

けっこう長い間カタツムリを飼っていますが、まだまだわからないことが多すぎる不思議な生き物です。ただ、原始的な小動物の割には"馴れ"の能力がけっこうあると感じている次第。ケース掃除のときには剥がされるのを知ってか知らずか、粘液を少し出して剥がれやすくするようなことをするときもあります。
また、ケース掃除の後は内壁やふたに水滴がつくことを知っているらしく、みんなふたの裏に集まって水を飲んでいます。逆さまになってふたの裏を這うことになるので、体も濡れて都合がいいのかもしれません。
のろまな軟体動物ですが、それぞれがちゃんと意思を持ち、嗜好を伴う生活をしています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年08月30日
カタツムリのその後

カタツムリが異常に食欲を無くしていることをここで書きましたが、その後サツマイモをあげたところ、白いフンをするレベルで食べました。さらにキュウリとサラダ菜をあげましたが、これも食べています。
食べる量としてはまだまだ少ないですが、とりあえず栄養を摂取するという最も基本的な生命活動が見られたことで少し安心しました。
今後も観察を続け、食欲改善の方向に確実に向かっていることを日々確認していきたいと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(12) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年08月28日
食欲が無いカタツムリ

これは2母ですが、この2母と老夫婦と筋あり4兄弟の3グループに今までにない食欲の低下がみられています。
食べ物を変えても状況は変わりません。その経緯は次の通り。
・サツマイモ 普通に食べた
・キャベツ ひとかじりor全く食べない
・ニンジン いくらか食べたor全く食べない
・キュウリ いくらか食べたor全く食べない
・レタス ほぼ食べないor全く食べない

キャベツを食べなかったので好きなニンジンやキュウリをあげましたが、ほとんど状況は変わらず。これは何か変なので大好物のレタスをあげてみましたが、これまた食べませんでした。
筋無し4兄弟はどれも食べましたが、それでもいつもの4分の1か5分の1程度です。
赤ちゃん組の純・筋あり4兄弟と純・筋無し4兄弟は普段と変わりない食欲があり、普通にどれも食べていました。

こんなことは今まで初めてのことですが、サツマイモに何か原因がある可能性も否定できません。こういう状況なのでしばらくはサツマイモはあげないつもりでしたが、しばらくほとんど食べていないのでかろうじて食べたサツマイモを観察の意味も兼ねて今日あげました。
サツマイモをどの程度食べるか、またその後の経過はどうかなどを今回じっくりと確かめ、そこであらためて対策を考えたいと思う次第。

ちなみに夏眠についてですが、すでに夏眠に入りたがる室温ではないのでそれに関する半休眠でもないと思われます。
サツマイモに何らかの毒物が入っていたのか、または成分的に何らかの中毒現象を起こしているのか、それが大人の個体にだけ出る症状のものなのか、妄想は尽きませんが観察あるのみです。
糖分過多でも脱水症状が出ることがあるわけですが、サツマイモにそこまで糖分は無さそうですし、糖分の高い果物は何回もあげていますが、こんなことはありませんでした。

しばらく様子を見ますが、次の手は木炭や砂利下のろ過用木炭チップの全入替えと飼育ケース内の徹底清掃になります。同時に霧吹きなどの水に天然水を用いたりするかもしれません。
原因はどこかにあるはずだと思ってひとつひとつつぶしていきますが、単に夏眠をしないがための半休眠が一斉に来ているだけかもしれないので、そのあたりは冷静に状況を判断したいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年08月16日
サツマイモを食べるカタツムリ その3

純・筋無し組の赤ちゃんの自然回帰も終わり、4匹を飼育中です。


サツマイモを食べるカタツムリ その3

サツマイモの食事は初めてですが、もりもり食べています。


サツマイモを食べるカタツムリ その3

純・筋あり組の赤ちゃんも同様に4匹を飼育中です。


サツマイモを食べるカタツムリ その3

はっきりくっきりの筋が凛々しいですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年08月15日
サツマイモを食べるカタツムリ その2

いつも食が細い2母も、サツマイモをあげたらよく食べました。


サツマイモを食べるカタツムリ その2

けっこうがっついてますな。


サツマイモを食べるカタツムリ その2

老夫婦w
飼われることに慣れているので、慌てる乞食は貰いが少ないの姿勢。


サツマイモを食べるカタツムリ その2

まずはケース内を這って水を飲み、一息ついたらゆっくり食事のようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。