2015年08月14日
サツマイモを食べるカタツムリ その1

ニンジンをつづけてあげていたら飽きて食が落ちたので、今回は久々にサツマイモをあげてみました。
筋あり4兄弟も今では親です。


サツマイモを食べるカタツムリ その1

サツマイモは甘くてショリショリしてるので、人気の野菜です。


サツマイモを食べるカタツムリ その1

こっちは筋無し4兄弟。食欲はかなりあるグループです。


サツマイモを食べるカタツムリ その1

出た!おいしいサインの目下げw
久々のサツマイモなので、カタツムリも歓喜の表情。やはり、いろんなものをあげたほうがいいですな。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年08月03日
メロンにがっつくカタツムリ

メロンは超大好物なのですが、飼育ケースとメロンの隙間に頭を突っ込んで無理やり食べています。とにかく一刻も早く食べたいようです。


メロンにがっつくカタツムリ

こっちでは、体を180度ひねる大技炸裂中。こんなシーンは初めて見ました。


メロンにがっつくカタツムリ

筋無し4兄弟も、みんなかなり無理な姿勢で食べています。


メロンにがっつくカタツムリ

筋あり4兄弟もがっついていますが、1匹だけ無視w
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年08月02日
カタツムリの赤ちゃんのその後

純・筋無しも殻の直径が1.5cmぐらいになりました。筋もわずかに濃くなっています。


カタツムリの赤ちゃんのその後

純・筋無しにも個体差があり、限りなく筋の薄い個体もいます。


カタツムリの赤ちゃんのその後

そろそろ放す予定ですが、現在の予定では3匹か4匹を残す予定。


カタツムリの赤ちゃんのその後

純・筋ありは殻の直径が8mmぐらい。筋はますます濃くなっています。


カタツムリの赤ちゃんのその後

純・筋あり組の中で1匹だけ生まれた筋無し個体。


カタツムリの赤ちゃんのその後

真ん中あたりにその筋無し個体がいますが、周りの個体と比べると筋の違いが良くわかります。
このグループもそろそろ放しますが、筋あり個体を3匹か4匹残す予定。

残す個体をどう選んでいるかですが、まずは基本的に殻の大きな個体を選びます。次にその中でいちばん殻の大きい個体を除きます。
殻が大きいということは食べ物をよく食べてきたことであり、"食べる能力"が高いということです。また、食欲もあって体調も良い証拠であり、つまり元気な個体と言えます。
次に活発な個体にも注目しています。ふたを開けると必ず這いあがってくる個体や、体を宙に浮かせてよく伸ばしている個体などです。
周りに興味を示すということは探究心が強いということであり、これは生きる上での選択肢を見つける能力につながります。また、こういう個体は馴れやすく、掃除のときに体をはがれやすくしてくれたりしますw

飼育中のアオモリマイマイにも馴れやすさには個体差がありますが、昔飼ってたウスカワマイマイは全然馴れませんでした。それどころか、殻を持ってはがそうとすると殻をぶん回して激しく怒ったりしてました。
種類によって違いがあり、個体によって違いがある性格。一寸の虫にも五分の魂と言いますが、飼育をしていると小さな生き物にも小さいなりにそれぞれの個性が見えることがあります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(8) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年07月19日
カタツムリの赤ちゃんたち

筋無し4兄弟の卵から生まれた"純・筋無し"の赤ちゃんは殻の直径が1cmを越え、今日も仲良く暮らしています。
筋が全く見えない状態からほんのわずかに見え始めてきています。


カタツムリの赤ちゃんたち

筋あり4兄弟の卵から生まれた"純・筋あり"の赤ちゃんのほうは、殻の直径が7mmほど。
筋はますます色の濃さを増し、殻全体の色も濃いめになっています。
どちらもキュウリの皮を普通に削り取って食べるようになりました。カットルボーンもかなり減っています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(9) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年07月17日
筋あり4兄弟の産卵

砂利を深く掘り、今まさに産卵中の筋あり4兄弟の1匹。こういう見やすい場所を掘るのは珍しいです。


筋あり4兄弟の産卵

おかげでじっくり撮れるのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年07月07日
庭でオカチョウジガイ発見

花期を終えたシバザクラをペロンとめくってみたら…


庭でオカチョウジガイ発見

なんかいた次第。


庭でオカチョウジガイ発見

おお!キセルガイ!…と思ったのですが、いろいろ調べてみたらキセルガイは左巻きのようです。これは右巻き。
さらに調べてみると、オカチョウジガイがいちばん近かった次第。過去に当ブログで載せた"キセルガイ"も見直してみると全部右巻きなので、オカチョウジガイだと思います。殻の長さは5mmぐらいでした。


庭でオカチョウジガイ発見

シバザクラの葉の下はシバザクラ自身の枯葉もたくさんあるので、それを食べているのかもしれません。おまけにコンクリートブロックもあるので、カルシウムも摂ることができます。
カタツムリはこういうところにいることが多いので、何かをめくってみるのも発見のコツかも。ただし、精神的害虫も同時にわんさかいるので注意w


庭でオカチョウジガイ発見

ウスカワも住みついているようです。


庭でオカチョウジガイ発見

土の中にはミミズもいますな。


■追記
これは「ヤマボタルガイ」と「ベッコウマイマイ」であることを、コメント欄でハジメテビロードさんから教えていただきました。
的確なご指摘、ありがとーございました(^O^)/

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。