2015年10月17日
はつか大根の収穫

粒状活性炭を混ぜた実験用の培養土のあまりで作っていたはつか大根全数を収穫しました。
大きさはまずまずですが、割れが生じています。


はつか大根の収穫

たまたま発生した個体差による割れではなく、全数共通の環境由来の割れっぽいです。
この原因の想定は次の通り。
その1 土の量が少なすぎた
浅型の小さなプランターで14株を育てたわけですが、土の量が少ないために土の水分の変化量が激しく変動した。根菜系に割れが生じる最も大きな理由がこれです。
その2 水はけが良すぎた
粒状活性炭が混じったせいで土の水分保持量が減った。つまり通気性は良いが乾き気味の土になった。そこに通常の水やりをしたことが水分量の激変につながった。

恐らく、両方が相互に関与して悪い環境になったかもしれません。根菜なので少しねっとりした土のほうが良さげなのですが、パサパサしすぎていたというわけです。
ちなみに、同じ土を使った小松菜のほうは極めて良好な育成となりました。やはり根菜にはこの土はだめということかもしれません。

追伸
表皮が固くなった部分を少し取り除いたら、あとは普通にいつも通り食べることができました。甘酢一夜漬けですな。葉もいつも通りに味噌汁に入れて美味しくいただいた次第。


はつか大根の収穫

はつか大根を引き抜いた土にいた幼虫。ちなみに左側が頭です。いわゆるウジ虫型の幼虫であり、寄生バエの幼虫だと思われます。
ただ、大きさがかなり小さく、今まで見たことのない種類の寄生バエの幼虫っぽいです。

はつか大根の収穫

この二つの黒い突起が特徴ですな。
はつか大根にはチョウの幼虫が十数匹発生していましたが、小さいうちにテデトールで対処していました。その見逃した個体に寄生し、幼虫になって土に潜っていたのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年10月15日
ベランダ菜園実況その2

キャベツは結球が進行中。ややゆっくりですが順調に生長中。


ベランダ菜園実況その2

直径15cmぐらいになりました。20cmぐらいで収穫予定です。


ベランダ菜園実況その2

札幌大球のほうは、さらにゆっくりな生長。


ベランダ菜園実況その2

結球は始まったかまだかの状態。葉の数がまだ少ないので、判断に迷う次第。


ベランダ菜園実況その2

葉大根は一度転んで起き上がった状態。なんとかこのままいけそうです。はつか大根はますます裂果が増え、悲惨な状況w


ベランダ菜園実況その2

四季なりイチゴもすっかり冬っぽくなってきました。


ベランダ菜園実況その2

寒くなると今まで緑色だった葉柄の部分が赤くなります。


ベランダ菜園実況その2

花の色も濃いピンクになってきました。夜は一桁台の気温なので、そろそろ秋も終わりです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年10月14日
ベランダ菜園実況その1

トウガラシもすっかり赤い実が増え、観賞期になりました。緑色の実が全体の3分の1ぐらいあるので、まだまだ赤くなりそうです。

ベランダ菜園実況その1

小カブとニンジン。ベーターリッチは本当に背が低いニンジンです。かなり管理も楽です。


ベランダ菜園実況その1

現在3〜4cm。5cmくらいで収穫なので、もう少し先になります。


ベランダ菜園実況その1

必要な時に必要な分だけ切って食べているネギ。右の九条太ネギはまだ短いので、今は食べないで生長に徹することにしています。左のサンガイネギが食用になります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年10月13日
小松菜の収穫

背丈が20cmを越えたので、ここで小松菜の収穫とぁぃなった次第。今回は下段を収穫します。


小松菜の収穫

完全無農薬なので虫もつきましたが、テデトールで回避。葉肉の厚い上質な8把の収穫となりました。


小松菜の収穫

収穫時にも幼虫を発見。何度か駆除してわかったのですが、これらの幼虫は葉柄の内側の奥のほうの付け根付近にいることが多いです。ここの4枚目の写真のようなかんじで、もっと下の奥のほうによくいます。
小松菜を真上から見ながら割り箸でそっと葉を開いていくと見えてきますが、孵化直後の幼虫はむしろ葉の裏にいることが多かった次第。


小松菜の収穫

下葉の部分はカタツムリへのおすそ分け。


小松菜の収穫

8把分のおひたし完成。さっそく一気に食べてみましたが、小松菜独特の風味が強く、葉も肉厚で歯ごたえを感じる食感でした。
家庭菜園で収穫した野菜は素材そのものの味を堪能したいので、できるだけ調理工程が少ない食べ方をしたいわけです。小松菜はおいしい食べ方が様々ありますが、あえて醤油だけで食べた次第。


小松菜の収穫

収穫後のミニプランター。実験的に粒状活性炭入りの培養土にしてみましたが、目立った利点欠点は感じられませんでした。


小松菜の収穫

あと1回ぐらい大丈夫かなーというわけで、種蒔き完了。肥料分がまだ残ってそうなので、元肥や石灰の追加は無し。
これからますます気温が低くなるので収穫までに1か月以上かかりそうですが、甘さが増した肉厚小松菜ができることを願う次第。虫ももうつかないでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年10月05日
ベランダ菜園相次ぐ食害

ややっ!もうすぐ収穫を迎える小松菜に食害発生!


ベランダ菜園相次ぐ食害

はつか大根の葉も食べられています。


ベランダ菜園相次ぐ食害

小カブの葉にも同じような食痕。


ベランダ菜園相次ぐ食害

犯人発見。体長4〜5mmの小さな幼虫です。葉と同色なので発見が大変でしたが、総点検した結果20匹ぐらいいました。


ベランダ菜園相次ぐ食害

まだ小さいので何とも言えませんが、シロチョウ系の幼虫でしょうな。


ベランダ菜園相次ぐ食害

小カブは直径3cmぐらいにまで生長。5〜6cmになったら収穫です。


ベランダ菜園相次ぐ食害

はつか大根は大部分に割れが発生。土寄せをしなかったことと先日の長雨が主な原因っぽいです。
グレーゾーンな原因としては、活性炭粒を配合した土による保水性の変化や株間を詰めたことによる土の水分の変化量の増大あたり。まずは同条件で土寄せをして割れの発生が無くなるかを次回検証したい次第。それでも発生した時は土でしょうな。
はつか大根はとりあえずこのまま続行。割れがひどい時には葉をみそ汁に入れて食べたいと思います。

今後の収穫期の目安を自分用にメモメモ。
キャベツ:10月20日ごろ。手で押して固くなったら。※遅れる見込み
ニンジン:11月18〜28日ごろ。葉が黄変し始めたら日にちに関係なく収穫。
小カブ:10月15〜20日ごろ。株元が5〜6cmになったら。※やや遅れる見込み
小松菜:10月10〜15日ごろ。丈が20cmぐらいになったら。
はつか大根:10月15〜20日ごろ。株元が3cmぐらいになったら。
葉大根:11月9〜14日ごろ。
トウガラシ:新しい実ができなくなって全部赤くなったら。
四季なりイチゴ&ネギ類:随時
赤紫蘇&ミックスレタス:今季終了済
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年10月03日
ベランダ菜園実況 その3

緑の中にどんどん赤が増えていっています。毎年思うのですが、トウガラシは観葉要素もかなり持っている野菜です。


ベランダ菜園実況 その3

赤が細くて尖っているところがおもしろいわけです。


ベランダ菜園実況 その3

大胆な剪定を実施した四季成りイチゴも、その後元気に育っています。


ベランダ菜園実況 その3

時々は秋のイチゴも堪能中。


ベランダ菜園実況 その3

ここで大胆に切り戻した九条太ネギ(右)とサンガイネギ(左)ですが、すでにここまで伸びて時々切って食べています。若い葉になるので、柔らかくてシャキシャキなのであります。
これから寒くなるにつれて甘さも増してきて、年間で一番おいしい季節に入ります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る