2016年11月07日
親子同居のカタツムリ

老夫婦の筋無し個体(左)と2母の筋無し個体(右)ですが、この2匹は親子です。かなり老いた親子ですが。


親子同居のカタツムリ

まあ、よく食べていることが非常に大事。食べる量は生命力に比例すると思うので、食べなくなってくればその時の生命が必要とする栄養の量がそれだけということであり、ひいては寿命が近くなっているということかなと思います。
食べなくなって体力が落ちたから一気に老いて★になるのではなく、寿命が近い個体が少ししか食べなくても、その個体からすればそれが適量なのかもしれません。なので、結果論的に食べなくなってくれば寿命が近いと考えています。
ちなみに、2母の例で言うと、★になった筋あり個体は★になる約半年前ぐらいから食べる量が激減しました。それにつられて写真右の筋無し個体も食べなくなりましたが、よく食べる老夫婦の筋無し個体(左)と同居している今ではなぜかよく食べるようになっています。

同じケース内で暮らす個体間にはなぜか周囲と同調するような現象が時々あり、それは個性などではなく、生体としての本能のような領域で見られます。
今回の食べる食べないも、この現象のような気がします。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年11月02日
筋無し4兄弟と筋あり4兄弟

筋あり4兄弟にもリンゴとキャベツをあげてみましたが、まあまあ食べました。ただ、リンゴはかじる程度。


筋無し4兄弟と筋あり4兄弟

大きさに個体差を感じますが、角度の影響による錯覚です。


筋無し4兄弟と筋あり4兄弟

筋無し4兄弟は、またじゃれてますw


筋無し4兄弟と筋あり4兄弟

じゃれることによって互いの殻に粘液が付着し、汚れが落ちやすくなる膜が殻にできるのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年10月30日
純筋無し4兄弟にもキャベツ

これは純筋無し4兄弟ですが、交接器が出てくる右側のほほがふくらんでいます。
時々は頭の上にこぶも出したりしてますが、特に交尾は確認されていません。


純筋無し4兄弟にもキャベツ

キャベツとリンゴですが、あまり食いつきは良くありません。舌が肥えたようですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年10月29日
久々のキャベツとリンゴ

ここ最近サツマイモが続いていたので、久々にキャベツをあげてみました。リンゴもおまけです。
この純筋あり4兄弟は比較的若い個体なので、食性の幅は広いです。


久々のキャベツとリンゴ

カタツムリは他の個体をかなり意識する生き物なのですが、生まれた時からいっしょの兄弟同士なので、もはや緊張感はそこにはありません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年10月18日
2母の筋あり個体が★

撮影時はまだ健在でしたが、左下の筋あり個体が★になりました。
老夫婦の筋無し個体(真ん中)が最も代の古い個体ですが、その両脇の2母の2匹もそれに次ぐ古い個体であり、いずれもかなり長く生きていることになります。


2母の筋あり個体が★

これは、老夫婦の筋無し個体。2か月ほど前に★になったつがいの片割れです。
すでに8年以上生きており、今回★になった2母の片割れも6年か7年は生きていたと思います。
名前が複雑すぎて何が何なのかわからない場合は、こちらの家系図を参照。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(12) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年10月16日
純筋無し4兄弟と純筋あり4兄弟

純筋あり4兄弟も、来年は交尾をして親になるかもしれません。


純筋無し4兄弟と純筋あり4兄弟

人間で言えば20代ぐらいです。なんとなくですが。


純筋無し4兄弟と純筋あり4兄弟

こっちは純筋無し4兄弟。


純筋無し4兄弟と純筋あり4兄弟

霧吹きの水を飲んでいるのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る