2016年10月13日
筋無し4兄弟と筋あり4兄弟

相変わらずサツマイモが好きなカタツムリですが、たまにはサラダ菜などもあげています。
これは筋あり4兄弟。


筋無し4兄弟と筋あり4兄弟

目だまを下げているので、歓喜しながら食べているようです。


筋無し4兄弟と筋あり4兄弟

こっちは筋無し4兄弟。


筋無し4兄弟と筋あり4兄弟

筋無し4兄弟には色黒の個体がいます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(9) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年09月10日
筋あり&筋無し4兄弟などの日常

筋あり4兄弟ですが、カタツムリが小さいのではなくサツマイモが大きいのであります。


筋あり&筋無し4兄弟などの日常

端っこを食ってますな。


筋あり&筋無し4兄弟などの日常

筋無し4兄弟。相変わらず元気です。


筋あり&筋無し4兄弟などの日常

お互いをよく確認し合うのは、老夫婦ゆずり。


筋あり&筋無し4兄弟などの日常

左の個体が老夫婦の筋無し個体。あとの2匹が2母。2母は老夫婦の子どもです。


筋あり&筋無し4兄弟などの日常

親である老夫婦の筋無し個体を気遣う2母の筋無し個体。筋無し族はどの代も協調性が強いように感じます。


筋あり&筋無し4兄弟などの日常

カタツムリ用のサツマイモがいつのまにか発芽。長期保存はできませんな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年09月09日
純筋あり&純筋無し4兄弟の日常

「老夫婦」の子どもの「筋あり4兄弟」の子どもの「純筋あり4兄弟」です。
サツマイモも1個1個熟度が少しずつ違いますが、今回は味がいいようです。


純筋あり&純筋無し4兄弟の日常

いつもは端っこに食いつきますが、今回は中央部も食べています。


純筋あり&純筋無し4兄弟の日常

こっちは「老夫婦」の子どもの「筋無し4兄弟」の子どもの「純筋無し4兄弟」。
まともに食べているのは2匹だけで、下の1匹は隣にちょっかいを出し、1匹は上に登ってきました。


純筋あり&純筋無し4兄弟の日常

『ぁぃさん、ぁぃさん…』


純筋あり&純筋無し4兄弟の日常

『撮って撮って!』               _| ̄|○ il||li
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年08月30日
純筋無し4兄弟の日常

筋無しの血筋は先祖代々強烈な個性を備えており、純筋無し4兄弟もその例外ではありません。


純筋無し4兄弟の日常

やんちゃ、わんぱく、興味津々。個性が強い割に兄弟愛も強く持っています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年08月29日
純筋あり4兄弟の日常

いつもサツマイモばかりをあげているように見えますが、時々は緑黄色系もあげています。
それでもやはり一番よく食べるのがサツマイモ。夏場でも腐敗しないので、管理は楽です。


純筋あり4兄弟の日常

けっこう馴れてきており、掃除を理解しています。具体的には、手乗りを理解します。
飼育ケースの大掃除の際にケースのふたにくっついている個体を移動させたい場合、はがそうとしてもがっちりくっついてはがれないことがあります。
その時に顔に濡れた指をくっつけると、移動をせがまれていることを知ってか知らずか指に乗ってきます。30秒ほどそのままにしておいて顔のほうからゆっくりはがすと、これがまた不思議なことにぬるっとはがれるのであります。
馴れないうちは顔に指をくっつけると瞬時に顔を引っ込めてしまいます。カタツムリとしてはこれが正常な反応なわけですが、この反応が無くなるということはけっこうなことだと思う次第。別に弱っているわけではありませんw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年08月14日
老夫婦の筋あり個体が★に
【2012年07月03日当時の老夫婦】
「老夫婦」という言葉を初めてカタツムリに使った時をブログの記事をさかのぼって調べてみたら、2012年07月03日の記事からでした。
その記事では、すでに食が細くなっていて老化している様子が書かれています。


老夫婦の筋あり個体が★に
【2010年05月15日当時の老夫婦の筋あり個体】


老夫婦の筋あり個体が★に
【2009年11月10日当時の老夫婦の筋あり個体】


老夫婦の筋あり個体が★に

実に8年以上は生きたと思われ、大往生中の大往生でした。
2012年ごろから冬眠不要の環境の中で暮らしていたことも長生きの要因だと思いますが、仲の良い相棒がいつもすぐそばにいたことも大きな生きがいになっていたような気がします。


老夫婦の筋あり個体が★に

その相棒は筋無し個体。右上の個体です。ひとりだけの老後生活はかわいそうなので、子孫である2母といっしょに暮らすことにしました。老夫婦の飼育ケースに2母が移る引っ越しになります。


老夫婦の筋あり個体が★に

2母の筋無し個体の殻をかじって個体判別。もしかしたら血縁関係がわかるのかもしれません。


老夫婦の筋あり個体が★に

2母の筋あり個体にも強い興味を示しています。かなり強い感情です。


老夫婦の筋あり個体が★に

『こんなに大きくなって…』
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(13) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る