2017年10月30日
カブトムシの幼虫誕生

カブトムシのマットの中に幼虫がどれだけいるのかすごく気になるので、飼育箱の中のものを取り出して見てみることにしました。成虫も3匹生存中です。


カブトムシの幼虫誕生

かなりのご老体であると思われる3匹。動きも緩慢なので、そろそろです。


カブトムシの幼虫誕生

マットを少しずつ取り出していく途中、幼虫を発見。
ただ、思っていたほど幼虫が出てきません。


カブトムシの幼虫誕生

なんと、6匹しかいませんでしたw へたすると100匹以上の幼虫が出てくるかとどきどきしていたわけですが、神への願いが通じたのかメス個体がセーブしてくれたのか、とりあえずこのまま飼育可能な数とぁぃなった次第。
卵時代での自然死やメス個体が潜った際の衝突事故死などで、産卵数よりは数が減ったと思われます。
この6匹の幼虫の体長は3〜4cm。2齢幼虫です。


カブトムシの幼虫誕生

飼育箱はそのまま幼虫専用飼育箱とすることにしました。しばらくは6匹の共同生活です。
もしかしたら見落とした1齢幼虫や卵が紛れ込んでいるかもしれませんが、3齢になるころまでこのまま放置。時々水分補給はしますが。


カブトムシの幼虫誕生

成虫様は、少し狭いですが別ケースに移動。ご老体なのでゼリーとの距離を縮め、ケース内も単純な構造としました。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
2017年10月24日
カブトムシ健在なり

先日メス個体1匹が★になって現在4匹健在ですが、さすがにそろそろ寿命です。


カブトムシ健在なり

高タンパクゼリーなので、天寿までは生きてほしいと願う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(3) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
2017年09月27日
そろそろ寿命のカブトムシ

先日オスが1匹★になって5匹となりました。右上の棒の影に1匹います。
夜になるとブンブン飛ぶ個体もいますが、全体的には動きが遅くなってきており、ふ節が取れている個体も何匹かいます。
羽化したのは7月上旬。成虫としての寿命は長くて3か月と言われているので、そろそろ寿命を迎えることになると思います。


そろそろ寿命のカブトムシ

メスの何匹かはマットの中に潜っていることが多く、こうして全匹見ることができるのは稀です。
マットの中には、もしかしたら卵があるかもしれませんし、孵化した幼虫がいるかもしれません。成虫飼育が終わったあとにでもマットをひっくり返して見てみようと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
2017年08月30日
荒ぶるカブトムシ

4匹しか見えませんが、メス2匹がマットの中に潜っている最中です。
置いてあるものがめちゃめちゃなのはカブの習性なわけですが、左下の棒も倒されましたw


荒ぶるカブトムシ

6匹で4個割り当ての昆虫ゼリーですが、3日に1回の交換となっています。


荒ぶるカブトムシ

オスのところに別のオスが近づくと・・・


荒ぶるカブトムシ

ケンカが始まります。


荒ぶるカブトムシ

両者一歩も引かず。


荒ぶるカブトムシ

とうとう本格的なケンカとなりました。


荒ぶるカブトムシ

過去の傷跡。体の内部には達していません。
穴の間隔がちょうどツノの鋭部の間隔と等しいので、ツノでついた傷です。


荒ぶるカブトムシ

カブ成虫の寿命的には、そろそろお迎えが来る時期に入ります。


荒ぶるカブトムシ

ここ1週間ぐらいの温度データ。暑い日もあったので29℃まで上がったようです。


荒ぶるカブトムシ

ハエとりリボンは、飼育ケースにできるだけ近づけたほうが効果ありです。
右は最短で1mの距離、左は最短で10cmの距離。まあ、数百匹はわいたでしょうなw
車庫なのでたくさんわいてもたくさん捕獲すればいいという考えなわけですが、室内飼育だと「わかせない」ことが最重要になると思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
2017年08月10日
産卵したかもしれないカブトムシ

頻繁に交尾を繰り返していたカブトムシですが、その後一斉にメスの姿が地上から消えました。
ただ、常にカリカリ音がしており、マットの中に潜っていたようです。産卵したかもしれません。


産卵したかもしれないカブトムシ

現在地上に4匹、網に1匹。メスの姿が1匹見えませんが、恐らくマットの中です。
構造物の破壊は無いですが、木炭や樹皮の配置はめちゃめちゃですw
昆虫ゼリーも容器ごと吹っ飛んでいることがあり、樹皮をめくって探したりしています。


産卵したかもしれないカブトムシ

網でくつろぐオス。


産卵したかもしれないカブトムシ

こっちを見ているオス。


産卵したかもしれないカブトムシ

食事前のメス。


産卵したかもしれないカブトムシ

こっちも食事前。


産卵したかもしれないカブトムシ

ゼリーに脚を突っ込んだオスw


産卵したかもしれないカブトムシ

網のふたにはレンガを3個乗せていますが、端の2個は後から追加したものです。
少し前に1匹のメスが車庫内をブンブン飛んでおり、脱走したようなので追加した次第。
レンガが乗った網をしならせてその隙間から脱走したということになり、あらためてカブトムシの怪力に圧倒させられた次第。

メスは胸をなでなですると大人しくなるのですが、オスは指で触るとツノで押してきます。
オスの闘争心は元気なしるしですが、触らない時はじっとこっちを観察していますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
2017年07月31日
カブ成虫メス1匹羽化

何となくカリカリ音がしたような気がしたので見てみたら、メスが羽化していました。


カブ成虫メス1匹羽化

飛ぶわ暴れるわの強烈なおてんば娘です。


カブ成虫メス1匹羽化

メスにはツノはありませんが、突起はあるのでありますな。

これで全数が羽化し、オス3匹メス3匹となりました。何事も無く五体満足で無事に羽化してくれてほっとしています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。