2019年09月11日
昼休みに飯も食わずに急きょ投稿。
庭の2匹のシモフリスズメの幼虫が姿を消しました。
少し茶色くなった幼虫が地面を歩いてた様子を家族が早朝に見ており、間違いなく蛹化のために地面に降りたようです。


P3230055-3.jpg

これは昨日載せた写真の一部ですが、すでに指の部分が少しこげ茶色になってきており、この撮影の数時間後にもう一度見たときにはさらに色が濃くなっていました。

庭のライラックの葉を食うだけ食って丸々と太り、寄生の痕跡も無く蛹化の時季を迎えたことには安堵している次第。
葉の数もかなり無くなり、フン掃除も大変でしたが、3匹のシモフリスズメの幼虫を庭にいながら最後まで観察できたこの夏に感謝。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2019年09月10日
まだいたようちう

シモフリスズメの2匹の巨大幼虫を同時に1枚に収めたくて撮った次第。左上と右下にいます。
今回は、画像クリックでさらに大きい画像が開きます。


まだいたようちう

間もなく蛹化かな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2019年09月10日
そろそろ見納めのようちう

庭のライラックの葉を食べて育つ2匹のシモフリスズメの幼虫ですが、体長が10cm近くとなり、そろそろ木を離れて地中に潜って蛹化するころだと思います。


そろそろ見納めのようちう

食べる量やフンの量もとてつもないものとなっており、前いた幼虫もそういった現象の直後に姿を消しました。
幼虫を確保して蛹化や羽化を観察する策もあるのですが、サナギ時代の湿度管理を10か月以上続けなければならないので、このまま自然にまかせたいと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2019年09月07日
でっかくなった幼虫

庭のライラックの木にいるシモフリスズメの幼虫A。発見時は3cm、先日は5cm、今日見たら7cmになってました。


でっかくなった幼虫

暗くなっても葉っぱを食ってます。


でっかくなった幼虫

あんよもすっかりたくましくなりました。


でっかくなった幼虫

こっちは、もう一匹のほうの幼虫B。同じく7cmぐらいになってます。


でっかくなった幼虫

日々大きくなっています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2019年09月01日
さらにもう1匹 イタ――(゚∀゚)――!!

ややっ!ライラックの木の下なのですが、今まで発見したことのなかった場所にフンを発見。上のほうを探してみたら・・・


さらにもう1匹 イタ――(゚∀゚)――!!

2匹目のシモフリスズメの幼虫のミニ版 イタ━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━!!
本当に2匹目なのか、少し前に確認していた場所をもう一度見てみます。


さらにもう1匹 イタ――(゚∀゚)――!!

やはりこっちにも イタ――(゚∀゚)――!!
同じ木に2匹いました!
巨大幼虫がサナギの時季を迎えていなくなって少し寂しかったのですが、これでまた楽しい日々を過ごすことができる次第。
つか、ライラックの木の葉っぱがどんどん無くなりそうwww


追記
体長はどっちも5cmぐらいです
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2019年09月01日
姿を消したシモフリスズメの幼虫

体長9cmほどに育っていたシモフリスズメの幼虫が姿を消しました。
食べる量、フンの量、体長、これらを考えると、ついにサナギになる時季がやってきたのだと思います。
ライラックの木を降りて地面に到達し、穴を掘って蛹室をつくり、その中でサナギになり、来年の初夏ごろに羽化するリズムです。
葉を食べる巨大幼虫を見るのが日課になっていたので、少しだけ寂しさを感じます。
楽しい日々をありがとう。来年羽化したら、また姿を見せてくれたらうれしい次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | スズメガ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る