2018年09月20日
ベランダ菜園実況

秋からのベランダ菜園は、小カブだけにしました。8株×2で16株を収穫予定。
今回は土を入れ替えないで、そのまま種を蒔いてみました。
比較的栽培が簡単な小カブが、追肥だけでうまく育つかどうかの実験も兼ねています。


ベランダ菜園実況

間引きをして、1か所2株に調整。最終的には1株にします。


ベランダ菜園実況

誰かが放したモンシロチョウが来ませんように。


ベランダ菜園実況

今年の九条太ネギとサンガイネギは、全然元気がありません。
猛暑の影響なのか土の影響なのかは不明ですが、どちらも去年移植したばかり。
とりあえずこのまま越冬させて、来年もだめなら再移植します。


ベランダ菜園実況

ふぅ〜、片付けなきゃなぁ〜。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
2018年09月18日
四季成りイチゴの孫株準備

来年のために、今年も孫株の移植の準備をします。
右上:引退爺組 、 右下:継続親組 、 左上:孫株 、 左下:子株


四季成りイチゴの孫株準備

孫株は5株を準備。実際に移植するのは4株で、1株は予備。
奥の3株と手前の2株は別親から引っ張ってきているので、2系統の孫株というわけです。


四季成りイチゴの孫株準備

引退爺組が花を咲かせています。お別れに秋の実りを用意してくれそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
2018年09月17日
ミニトマトで育ったエゾギクキンウワバの幼虫

ある日、ミニトマトの葉の上にフンを発見しました。ミニトマトの葉を食べるお客さんは初めてです。


ミニトマトで育ったエゾギクキンウワバの幼虫

いた!この肌模様はウワバ系の幼虫です。体長は3pぐらい。


ミニトマトで育ったエゾギクキンウワバの幼虫

ミニトマトも収穫期を終えていたので、このまま葉っぱを食べさせることにした次第。


ミニトマトで育ったエゾギクキンウワバの幼虫

なんか、ウワバ系の幼虫もすっかりおなじみさんになりました。


ミニトマトで育ったエゾギクキンウワバの幼虫

割とおとなしいので、性格は良さそうです。


ミニトマトで育ったエゾギクキンウワバの幼虫

ややっ!葉の上にウワバ系の蛾がとまっています。よく来るミツモンキンウワバとはまた別の種類のようなので調べてみたら、エゾギクキンウワバという蛾でした。
ウワバ系はどれもよく似ていて食性も幅広いのですが、成虫の姿を同じ株で発見したということで、この幼虫もエゾギクキンウワバの幼虫かもしれません。


ミニトマトで育ったエゾギクキンウワバの幼虫

それからしばらくして、収穫期を終えた株を撤去しましたが、入念にサナギを捜索して確保。
葉の裏に簡易的なマユを形成して、サナギになっていました。


ミニトマトで育ったエゾギクキンウワバの幼虫

何時間もかけてマユを作ったんでしょうな。


ミニトマトで育ったエゾギクキンウワバの幼虫

放置するわけにもいかないので、いちおう保護。
羽化したら逃がしますが、これでウワバ系の何の種類だったのかが判明します。
ミニトマトはこれからも毎年やっていくので、敵を知るための策。
まあ、敵といっても放置するかもしれませんがw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
2018年09月16日
ニンジン大失敗w

収穫期を迎えたニンジンを収穫してみたところ・・・


ニンジン大失敗w

これはひどいw 全数奇形(^Д^)
今季は、種を蒔く間隔を間違えて狭くしてしまったわけですが、そのせいかもしれません。
来年はちゃんと間隔を守ります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
2018年09月09日
ミツモンキンウワバが遊びに来た

玄関のガラスに1匹の小さな蛾。ずっと待ってたようです。


ミツモンキンウワバが遊びに来た

「ぁぃさ〜ん、ぼくだよぉ〜」


ミツモンキンウワバが遊びに来た

おお!ミツモンキンウワバw
ここで放した野原風花壇とは1mも離れていません。花壇の蜜を吸いながら居座っていたか旅から戻ってきたかははわかりませんが、放した8匹のうちの誰かのような気がします。
幼虫時代に食べた無農薬リーフレタスの味を思い出したかな?w
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
2018年08月18日
テントウムシの羽化

ベランダのスナップエンドウを撤去するとき、葉の裏にテントウムシのサナギがくっついているのを発見。
全数再確認をして、これだけ採取しました。


テントウムシの羽化

ナミテントウのサナギです。スナップエンドウでたくさんアブラムシを食べてくれたはずです。


テントウムシの羽化

これもナミテントウですな。


テントウムシの羽化

これは、ヒメカメノコテントウのサナギです。同様にアブラムシを食べてくれたはずです。


テントウムシの羽化

左がナミテントウのサナギ、右がヒメカメノコテントウのサナギ。大きさはこれだけ違います。


テントウムシの羽化

そしてナミテントウが羽化。サナギを発見できてよかった次第。


テントウムシの羽化

サナギの抜け殻。


テントウムシの羽化

ヒメカメノコテントウも羽化しました。


テントウムシの羽化

小さな体でたくさんのアブラムシを食べます。


テントウムシの羽化

ヒメカメノコテントウのサナギの抜け殻。


テントウムシの羽化

さらに続々と羽化しました。


テントウムシの羽化

よかったっよかった。


テントウムシの羽化

裏側w


テントウムシの羽化

そして野原風花壇に放虫。
現在、すでに全数が羽化し、自然へと帰っていきました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。