2019年08月22日
赤紫蘇にベニフキノメイガ襲来

あああ、これから伸びようとしている赤紫蘇の若い茎の先端が、ポッキリ折れています。
これは、前に見た現象と同じなので、犯人も同じなはずです。メイガの幼虫ですな。


赤紫蘇にベニフキノメイガ襲来

いた!体長は1cm弱。ベニフキノメイガの幼虫です。
この幼虫は、大きくなると若い茎をかじってポッキリと折ってしまいます。そして、折ってしおれた葉を糸で巻いて、その中に隠れていることが多いです。
まあ、赤紫蘇は脇芽が伸びるので致命的な害ではないのですが、計画的に摘心して伸びた脇芽をやられるとショックですw

しかしまあ、茎を折って葉をしおれさせ、バキバキの葉をしなやかな布地のようにして巻く知恵には感服。しかも、茎をかじる時に全部かじらずに一部を残してぶら下がるようにしているあたりは、オトシブミレベルの知恵です。
この個体がそう考えたのではなくて遺伝子がそうさせているはずですが、生き物にはその生態に最適化された知恵というものがあることをつくづく感じた次第。



posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2019年08月20日
そろそろ赤くなるトウガラシ

暑ければ暑いほど元気になるトウガラシ(ナンバン)も、気づけば実をたくさんぶら下げていました。


そろそろ赤くなるトウガラシ

いい大きさになってきたので、そろそろ実の先端から赤くなっていくと思います。
料理で辛味が欲しいときは、この青い実を入れると超激辛の辛味が出ます。


そろそろ赤くなるトウガラシ

まだまだ開花も進行中で、安定のトウガラシ栽培なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2019年08月15日
春菊、育つ

古い種だったのであまり期待していなかった春菊ですが、現在これだけ枯れずに育っている次第。
春菊と言えばすき焼きですが、植える時季が本来の時季ではなかったので暑い夏に熱いすき焼きの材料ができました。
さー、どうしましょうか…なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2019年08月13日
ミニトマトの収穫

猛暑や雨で収穫していなかったミニトマトを収穫することにした次第。


ミニトマトの収穫

収穫途中に撮影した写真なのですが、収穫全量を撮影するのを忘れましたw
全収穫量はこの3倍はありましたが、食べきれないので冷蔵庫行き。

夜になると気温が10℃台まで下がるようになりました。北国の秋はすぐそこです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2019年08月12日
イチゴ孫株の育苗

来年も四季なりイチゴをやるので孫株を採取することにしたのですが、厳選したランナー先端の孫株をミニポットの土に固定した次第。
4株と予備2株で合計6株。3株の親株から平等に2株ずつ引いています。


イチゴ孫株の育苗

発根して安定したら、プランターに移植する予定。


イチゴ孫株の育苗

四季なりイチゴはわりと野性的なので、特に心配なしです。

■追記(8/12)
来年は4株やる予定でしたが、3株に変更。3株と予備3株で合計6株。
今年は小さな実が出てきたことと葉が茂りすぎるので、来年は1株減らしてのびのびと育ててみます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2019年08月11日
イチゴの孫株採取準備

ベランダの四季なりイチゴもランナーを伸ばし、その先に子株と孫株をつけています。
右がプランターの親株、真ん中あたりが子株、左あたりが孫株。
孫株もだいぶ丈夫そうになったので、ミニポットの土に固定して根の活着の準備をしなければならない次第。
今年も4株プラス1〜2株の予備を育苗します。その後、さらに丈夫そうになったら、プランターに移植する予定。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。