2019年12月08日
ホトトギス(白)の種を採取

まだ熟していなかった白いほうのホトトギスの種のさやも上部の口が開き、本日採取。
緑色ですが、口が開いているのでカラカラ状態です。


ホトトギス(白)の種を採取

さやから種だけを採取。結構な量です。さっそく明日にでも蒔きたいと思う次第。
種を蒔くミニプランターはここ
今回は本気入ってるので、春の発芽を強く願っているのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ホトトギス | 更新情報をチェックする
2019年11月28日
ホトトギスの種を採取

去年も種を採取して実生に挑戦しましたが、発芽率が極端に悪く、発芽した芽も枯れてしまいました。
そんなわけでリベンジなわけで、紫の斑点がある花と白い花の種を採取。


ホトトギスの種を採取

白い花のほうはまだ種が熟していないので、今後再度種を採取する予定。


ホトトギスの種を採取

さやをひとつひとつ割って種を採取。紫の斑点の花の種は紫、白い花の種は黄色っぽい色をしています。


ホトトギスの種を採取

3個1組になったさやの中には、平べったい種がきれいに整列された状態で入っています。
種が熟してさやも乾燥すると、種はさやから離れてさやの下部にたまります。そのころにはさやの先端が3つに割れていて、風で揺れると先端の隙間から種が土に落ちるという仕組み。


ホトトギスの種を採取

紫の斑点の花の種。非常に薄いです。


ホトトギスの種を採取

白い花の種。こちらも薄いです。


ホトトギスの種を採取

種を蒔くミニプランターを用意。
去年は種を採取後、翌年3月になってから種を蒔きました。しかし、ホトトギスの種は採取したらすぐに蒔かなければならないことをあとで知り、それも発芽率が悪かった原因だと思われます。
今年は土の量も多くして含有水分量も安定させ、すでに種を蒔いた次第。このまま車庫の中において春を待ちます。
先述の通り、白い花の種は再度採取してここに蒔きます。
いつかのようにいっぱい芽が出ればいいなと願う次第、
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ホトトギス | 更新情報をチェックする
2019年10月08日
ホトトギスとトラマルハナバチ

ひんぱんに花から花へと飛び交っていたので、腹部まで確認できなかった次第。
断定はできませんが、よく見るトラマルハナバチに似ています。
大きめのハチなので、羽音をブンブンさせて飛んでいました。口が長いですな。
よっぽどのことでもないと攻撃してきませんが、あまり近づくと嫌がって飛び去って行きます。
しかし、そのまま待ってるとすぐ戻ってきますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ホトトギス | 更新情報をチェックする
2019年09月30日
ホトトギス開花

夜は暖房をつけないと寒いわけですが、このころに咲くのがホトトギス。
例のごとくクマバチもやってきていて撮ったは撮ったのですが、ブレブレだったのでまた次の機会にでも。


ホトトギス開花

白いホトトギスも咲いています。この白いホトトギスの白はまさに純白なので、この季節には映えます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | ホトトギス | 更新情報をチェックする
2019年05月19日
ホトトギスの発芽状況

3月22日に3種類のホトトギスの種を蒔きましたが、発芽状況はかなり悪く、白い花のホトトギスだけがかろうじて6個発芽しています。


ホトトギスの発芽状況

こんな芽。


ホトトギスの発芽状況

とりあえず、発芽した6本の苗をミニポットに移しました。

種が未熟だったのか、乾燥させすぎたのが悪かったのか、どちらかですな。
タグ:ホトトギス
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ホトトギス | 更新情報をチェックする
2019年03月22日
ホトトギスの種まき

去年の秋
にホトトギスの実生をやろうかと書きましたが、これが採取しておいた種。
正式な名前はわかりませんが、左が紫の斑点のホトトギス、右が真っ白いホトトギス、下が垂れ下がるタイプの紫の斑点のホトトギス。


ホトトギスの種まき

これらを土に蒔いて車庫の中に置きました。
まだ気温が低いので発芽温度ではないと思いますが、水切れをさせないように放置してみます。
発芽率は、種を乾燥させてしまったので全く不透明。GWごろには発芽するかな?
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ホトトギス | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る