2014年07月03日
サクランボの木に異変発生

種から芽が出て9年目のサクランボ(佐藤錦)ですが、ここにきて大きな異変がありました。


サクランボの木に異変発生

いやはや、葉っぱの端が赤くなって丸まっています。この現象が全域にわたって発生しています。
…となれば、原因は根か病気ということになります。病気なのかもしれませんが、長雨続きだったので根がやばくなったのかもしれません。
植替え時期は本来冬なのですが、急きょ大きな鉢に植え替えることにしました。


サクランボの木に異変発生

引き抜いてみると、カビ状のものが見える他、根もかなり根詰まり状態でした。土をほぐしてみましたが、根ぐされは確認できませんでした。


サクランボの木に異変発生

左の9号鉢に植え替えます。直径27cmです。


サクランボの木に異変発生

土は、中玉赤玉土3、培養土3、腐葉土3、細粒軽石1ぐらいです。培養土だけだとピートモス系が多くて水持ちと水はけにやや難があるので、赤玉土と軽石を追加、じっくり効く養分として腐葉土も混入した次第。


サクランボの木に異変発生

コガネムシの幼虫がいるのかも確認しましたが、いませんでした。あと、表面に生えていたツメクサは除去。

土の中は根詰まりの他は特に異常は見られませんでした。もしかしたら病気かもしれないので、このまま様子を見て必要なら薬剤散布も考えたいと思います。
実も成らないただの花木ですが、種を蒔いて9年も一緒にいる木なので、できることはしようと思う次第。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | サクランボ | 更新情報をチェックする
2014年04月30日
なんだか変なサクランボの花

たくさんの花を咲かせているサクランボですが、その花がなんだか変なんです。


なんだか変なサクランボの花

花びらが小さいというか縮れているというか形成不良というか、ちゃんとした花の形をしているのは1個か2個しかないです。
はてさて、これは何なのか考えてみました。
■栄養不足(未移植しすぎ)
鉢植えのまま長いので、根が詰まって生長不良に陥っているかも。
■異常気象
今年は桜でもなんでも異常に花つきが良いらしいです。サクランボも無理をしたせいでこうなったかも。
■大杉ぁぃのさくらんぼ
異常気象のせいではなく、ぁぃιぁぅーイェイッ♪とがんばって無理をしすぎたせいかも。

つか、いいかげん移植したいと思いますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | サクランボ | 更新情報をチェックする
2013年07月15日
ワモンナガハムシの幼虫か?

ちょっと前からサクランボの葉っぱが何者かに食べられていることに気づいていましたが、ついにその正体がわかりました。
つか、なんだこりゃ?はじめ樹液が漏れているのかと思いましたが、食痕のところに引力に反して付いています。こりゃ生き物です。
こんな幼虫は見たことがありません。つか、幼虫なんでしょうか。


ワモンナガハムシの幼虫か?

こっちにもいました。しかしです、この個体をよく見ると、茶色い液体の中に普通の姿をした幼虫がうっすら見えます。そうか、そういうことか。さっそく採取して、この茶色い液体のベールを脱がせてみました。


ワモンナガハムシの幼虫か?

茶色い液体はティッシュに吸いこまれ、ようやく昆虫の幼虫であることがわかりました。体長3mmぐらいです。


ワモンナガハムシの幼虫か?

6本の脚と腹足。まさに昆虫の幼虫。通称イモムシ。


ワモンナガハムシの幼虫か?

頭に近いほうはやや太くなっています。側面下部がせり出していて、戦闘機のコックピットのような形状になっています。茶色い液体を保持しやすいようになっているんだと思います。

さて、この幼虫は何という虫の幼虫なのか。ついていたサクランボの木をもう一度よく観察してみました。


ワモンナガハムシの幼虫か?

でた!ワモンナガハムシ登場。前に見たことあるなと思ったら、5年前にここで書いていました。
ワモンナガハムシの幼虫であることを確かめようといろいろ調べましたが、「ワモンナガハムシの幼虫」の画像が見つかりません。ただ、「ハムシの幼虫」の画像の中に同じような幼虫がいたので、少なくても「何かのハムシの幼虫」であることは間違いなさそうです。

この幼虫は全部で5匹いましたが、全部葉っぱの表側にいました。緑の葉っぱに茶色い液体なので、見つけやすいと言えば見つけやすい部類です。
食痕は、写真の通りニジュウヤホシテントウに食べられたトマトの葉っぱのようになっています。
ちなみにこのサクランボは鉢植えでベランダに置いていますが、いよいよ害虫も本格的にベランダ侵入となりました。
最近の朝一番のお仕事は、起きてすぐにベランダに出てテデトール。いやはや、すっかり菜園男子とぁぃなった次第。

■追記
コメントで☆けめさんが「オウトウナメクジハバチかも」と書いてくれたので調べてみたら、なんだかオウトウナメクジハバチっぽいです。
ハムシの幼虫も同じような生態のものがいますが、この液体の質感や形状、それに食樹の一致や食痕の完全一致などからオウトウナメクジハバチと断定してもいいと思いましたので、ここに追記します。
☆けめさん、ありがとーございました(^O^)/
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | サクランボ | 更新情報をチェックする
2013年06月30日
サクランボも樹形整理のころ

樹形整理うんぬんよりも、まず鉢を大きくするほうが先かも。いちおう木なので、鉢植えでいくにしてももう少し大きな鉢にしないとさすがに厳しそうです。
このサクランボの木もずいぶん長いですが、いままでいろいろな事件がありました。そういう思い出もある木なので、観賞用とか収穫用とか用途は求めず、ただそこに生きていてほしいのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | サクランボ | 更新情報をチェックする
2012年09月11日
サクランボ、今年は開花結実無し

昨年は思いもよらない開花と結実をしたサクランボですが、今年は1個も花が咲きませんでした。
そろそろ根詰まりをおこしていそうなので、来年の春ごろにでもひと回り大きな鉢に植え替える予定です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | サクランボ | 更新情報をチェックする
2011年07月06日
サクランボを収穫してみた

なぜか1個だけ結実した佐藤錦。完熟状態のようなので、ちょっと分析してみます。


サクランボを収穫してみた

色はアメリカンチェリーに近い濃い目の赤。通常の佐藤錦とはちょっと違う色合いです。


サクランボを収穫してみた

カットしてみると、果肉の色もアメリカンチェリー。左側には種もちゃんとありました。
恐る恐る果肉をひとかけら食べてみましたが、何のことは無い普通の甘酸っぱさ。味もまたアメリカンチェリーでした。


サクランボを収穫してみた

種を抽出。種の中身は詰まっているのでしょうか。


サクランボを収穫してみた

ちゃんと詰まっていました。発芽の意思はあったようです。

佐藤錦の鉢だけ他とは違うものにしているので、別に植えているアメリカンチェリーと間違えるはずはありません。この実は確かに佐藤錦なのですが、特異な結実だったのでこうなったのでしょうか。
来年にまた実をつけた場合、その実がどのような状態になるのかが楽しみなわけです。
ちなみに、採集した実の果肉の残りはエンマコオロギの幼虫にあげました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | サクランボ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。