2008年06月20日
初めてのイチゴの収穫

ベランダのイチゴが、真っ赤に色づきました。
この株から3個収穫です。


初めてのイチゴの収穫

こちらの株からは、1個収穫です。


初めてのイチゴの収穫

第1回収穫は、合計4個となりました。
ぶかっこうですが、大きさはまずまずです。

さっそく食べてみましたが、市販品と比べると、甘さマイナス1、酸っぱさプラス3といったかんじです。
しかしこれが苦痛でなく、むしろ味が濃いと感じました。
甘酸っぱくておいしい感覚です。

トマトなどを家庭菜園した場合も似たようなことが起こり、酸っぱさが増しますが、これがまたおいしい酸っぱさなのです。
毎年植えているミニトマトも、やや酸っぱくて味が濃いものになっています。

そんなわけで、去年の4月25日に種蒔きから始まったイチゴ栽培ですが、ここに収穫を迎えたわけです。
土作りだけは真剣にやりましたが、あとは草花の管理感覚で育ててきました。
それでもこうやって素人でも収穫できたわけで、家庭菜園はおすすめですよというわけです。

何が良かったのか、何が悪かったのか、そのあたりは不明ですが、とりあえず無料のイチゴを食べ、甘酸っぱさに幸せを感じたことは事実な次第。
収穫はまだまだ続くわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | イチゴ | 更新情報をチェックする
2008年06月13日
どんどんふくらむイチゴの実

ベランダのプランターのイチゴの実が、どんどん大きくなってきました。
それにしても、かなり不恰好で笑えます。
人工授粉のアンバランスさが作った、素人イチゴの形ですw
大きさだけはけっこうでかいので、赤く色づくのが楽しみです。

昔の人はバナナが高級果物だったらしいですが、自分にとってはイチゴがそれにあたります。
育っていくようすを時々見てわくわく、その記憶を思い出しながらただ同然のイチゴを食べる…
子株孫株をそのたびに植え替え、冬の寒さを心配し、小まめに花粉をめしべに付け、今ここに実ろうとしています。
至福の極み、まさに家庭菜園あっぱれな次第。
カラスが持っていったら、一生恨むっ!w
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | イチゴ | 更新情報をチェックする
2008年05月26日
イチゴが実り始めました

ベランダのプランターのイチゴが、実り始めました。
…といっても、7株中で花をつけたのは2株だけで、他の株はランナーを伸ばしています。
膨らみ始めた実は、10個弱といったところです。


イチゴが実り始めました

1回だけ綿棒で人工授粉を施しましたが、開いていないおしべもあり、どの程度行き渡ったかが不明でした。
実を見ると、花粉のつき方が不均等だったような気配です。
ミツバチくんも来てくれなかったようで、最難関の受粉過程でやや黄色信号点灯中です。


イチゴが実り始めました

となりの葉大根のプランターまでランナーを伸ばすイチゴ(´・ω・`)
7株中5株がランナーを複数本出しているわけで、なかなかあせっているわけです。
イチゴプランターはあと1個ぐらいなら増えてもいいかなと思っているので、伸びたランナーの一部は生かそうと思います。

置き場所がベランダということで、ナメクジの被害からは完全防御できたと思っていましたが、ミツバチにも発見されませんでした。
このあたりが、受粉最重要のイチゴ栽培の盲点かもしれません。
おしべが開いて花粉を出している期間もそんなに長くなく、この間に人工授粉を丁寧に実施するのは、なかなか大変です。
この苦しみが、家庭菜園の楽しみでもあるわけですが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | イチゴ | 更新情報をチェックする
2008年05月02日
イチゴの開花キタ━(゚∀゚)━!

ベランダのプランターに植えてあるイチゴが、ついに開花しました。
イチゴの実から小さな種を採り、それを発芽させて親株を作り、親株のランナーから伸びた子株をプランターに移し、その子株の花が咲きました。
しかし喜ぶのはまだまだ早いです。うまく受粉してくれるか、そこが実はヤマなのであります。


イチゴの開花キタ━(゚∀゚)━!

おしべの花粉袋はまだ開いていないようなので、人工受粉はできません。
人工受粉は同じ花の花粉だとだめだと思うので、別のつぼみも咲きそうなので、そっちとの花粉のつけ合いっこができたらしてみます。
いっせいに開花してくれれば相互に受粉できそうですが、そのあたりは素人栽培なのでコントロールできていません。
こういう時こそのミツバチなので、なんとか来てくれればラッキーなのですが。
これからどうなることやら、快い緊張感なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | イチゴ | 更新情報をチェックする
2008年05月01日
イチゴの親株は元気です

種から芽が出た第一世代の親株たちも、暖かくなって葉を伸ばし始めました。

ぼくは、この親株が発芽した瞬間を知っています。本葉を出した瞬間も知っています。吹きかけた息で倒れそうなほど小さくてか弱いあの芽が、ランナーを出してたくさんの子株を残し、その子株たちもみんな元気です。
まだまだ元気そうな親株なので、引き続き育てていきます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | イチゴ | 更新情報をチェックする
2008年04月20日
イチゴも順調

春の陽射しを浴びて、イチゴの苗も新しい葉っぱをどんどん出して順調に生長中です。
花のつぼみはまだ見えません。


イチゴも順調

となりの葉大根のほうも…あれ!?


イチゴも順調

見事にとう立ちしてしまいました。
これでは、栄養が花のほうにばかりいって葉っぱが育ちません。
カタツムリよ、すまん。
しかしながら、大根系の花は質素できれいなので、このまま観賞用に残したいと思います。


イチゴも順調

今咲いている葉大根の花は、こんな花です。
花期は短くてすぐ散りますが、この色合いは山野草にも負けない美しさです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | イチゴ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る