2012年05月02日
アズマヒキガエルの産卵

自分よりひと回り大きな体のメスを背後から抱きしめるオス。1組のカップルです。
よく見ると、水の中にひも状の卵が見えます。今まさに産卵中なわけです。


アズマヒキガエルの産卵

水面近くで静止し、もくもくと卵を産み続けるメス。卵は長い長いひもとなって静かに水底に沈んでいきます。


アズマヒキガエルの産卵

ときどきゆっくりと移動します。ひも状の卵もゆっくりと広がるように沈んでいきます。
呼吸は1分ぐらいは平気のようですが、ときどき体を45°ぐらい傾けて、オスメスいっしょに鼻先を水面上に出して呼吸します。


アズマヒキガエルの産卵

水底に沈んだアズマヒキガエルの卵塊。この池には数十匹の個体が生息し、このような卵塊も数か所に存在していました。


アズマヒキガエルの産卵

ひも状になった寒天質の中に、黒い卵が眠ります。カエルの卵の孵化率は不安定で、それは受精率にも左右されます。
この池には魚も定住しており、たくさんのオタマジャクシが生まれてもそのかなりの数は食べられてしまいます。その中で生き残ったオタマジャクシが大きくなり、成体のカエルにまで育ちます。
定住する魚たちにとっては、オタマジャクシは"季節の旬なごちそう"でもあるはずで、この池なりの食物連鎖が成立しています。

アズマヒキガエルは成体になると10数年生きると言われています。また、体長も10数センチほどに成長し、大型のカエルです。
卵塊を採取してオタマジャクシの飼育まではいいのですが、やがて手が出る足が出るとなって10数年も同居となれば、おいそれとは飼育をスタートできません。途中まで飼育して池に放す方法もありますが、この方法ではカエル特有の伝染病を広める結果となり、これは絶対にだめです。
そんなわけで飼育はできないのですが、世の中にはヒキガエルを飼育している人も多くいます。
実際大型のカエルなので、爬虫類を飼うような雰囲気もあります。動作もあまり動かなくておっとりとしたかんじなので、ペットとしても素質はあるでしょう。
もともと頭のいいカエルですし長期間の同居となるタイプの飼育なので、馴れてくると思います。時間と設備と根気があれば、いつかは飼ってみたい生き物でもあります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | カエル | 更新情報をチェックする
2012年04月30日
撮られたがるアズマヒキガエル

『あれ、もしかしてぁぃさんじゃね?誰か見てこいや。』


撮られたがるアズマヒキガエル

『そんじゃ、おれ見てくる。』


撮られたがるアズマヒキガエル

『平泳ぎなう』


撮られたがるアズマヒキガエル

『やべ、まじぁぃさんじゃん! おーい、ぁぃさんキタ━(=゚ω゚)━━!!』


撮られたがるアズマヒキガエル

『ぁぃさんぁぃさん、撮って、撮ってケロ!』
『おれもいっしょに撮ってケロ!』
『おらも撮ってケロケロ!』
『オラもあんころもち食いてぇ〜』

誰が昔話を言えと…(;^ω^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(7) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年10月07日
カエルからのお知らせ

ぁぃさんが810日に「秋のひとり旅」に出かけるので、その前後はブログの更新が止まるおバッド(下向き矢印)
帰ってきたら自分ブログにひとり旅の記事を書くそうだおグッド(上向き矢印)
なんだかまた太り旅になりそうだって言ってたお失恋

つか、いい気分(温泉)入ってるつもりが、これコケじゃね?マジウケルダッシュ(走り出すさま)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年09月13日
子ガエルの徘徊

子ガエルがコンクリートの上をすたすた徘徊中。


子ガエルの徘徊

お目当てはこれです。気温が低いのもあって、垂直面よりも水平面にいます。


子ガエルの徘徊

こっちは別の子ガエル。夜の水浴びのようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(6) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年09月01日
羽アリを狙うカエル

すっかり秋の気温になっていますが、玄関の灯りに結婚飛行で飛び立ったオスの羽アリが群がっていました。


羽アリを狙うカエル

トビイロケアリのオスかもしれません。


羽アリを狙うカエル

羽アリが集まれば必ずやってくるのがカエル。この個体は今年田んぼから出てきたばかりの子ガエルです。ここに住み着いてよく食べているらしく、体も少し大きくなっていました。
しかし、狩りのしかたはまだまだ未熟。のっしのしと羽アリに向かって正面突破を試みます。
それでも羽アリの数が多いのでちゃんと食べているようですが、一発必中の狩りにはまだほど遠い状態です。


羽アリを狙うカエル

一方、こちらは体長2cmを超える大人のカエル。写真ではあまりわかりませんが、この場所は地上から1mぐらいの高さのサッシのレール上です。玄関の灯りのすぐそばになります。
子ガエルがいた場所よりは羽アリの数は少ないですが、光源を目指して飛んできた羽アリがサッシのガラス部に当たり、一部がここに落ちてきます。
何よりすごいのは、すぐそばの木の葉で自身を隠せる場所でもあり、待ち伏せ型の狩りを実現しているハンターと化しています。

子ガエルと大人ガエルとの違いもおもしろいですが、子ガエルが狩りをしながら学習した結果でもあると考えれば、カエルくんやるじゃないかということになります。

今年ここに住み着いた子ガエルの個体数は例年よりかなり少なく、確認できた範囲で数匹程度です。多い年では20匹以上の子ガエルがドアに張りついたこともあったので、ちょっと寂しい次第。
上陸した個体数が少なかったか、別方向に進んだのか、ここを通過点としてさらに遠くに向かったかのどれかだと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年08月27日
アズマヒキガエル登場

当ブログでは初登場のアズマヒキガエルです。つか、初めての遭遇でもあります。体長は12〜3cm。さすがにでかいです。
家の庭に参上して以来、家族が怖がるので別の場所に移住願うために一時的に保護中なのであります。
それにしても凛々しいお顔をしていらっしゃいますな。


アズマヒキガエル登場

俗名では、イボガエルとかガマガエルとか言われます。児雷也のカエルのモデルにもなっています。


アズマヒキガエル登場

耳の上あたりに毒腺を持つので、取り扱いは注意が必要。


アズマヒキガエル登場

目の右側に見えるつるりとした丸い部分が耳(鼓膜)です。よく似たニホンヒキガエルと区別するとき、これより小さい鼓膜を持つものがニホンヒキガエルだと言われています。

それにしてもこの顔つき、何かを悟っているかのような賢そうなお顔です。小さな生き物はよくバカ扱いされがちですが、こういう表情を見ると言葉は話さなくても絶対に彼らは彼らなりに何か考えていると信じたくなります。つか、信じているんですけど。

このカエルは、生活しやすい場所にさっき放してきました。
ヒキガエルは居心地がいいと人家の庭に住みつくらしいですが、家の庭はけっこう居心地がよさそうなので、住みついたらやばいわけです。
親は怖がるし、放したエンマコオロギもすごい勢いで食べられてしまいます。また、時々顔を出すミミズも根こそぎやられてしまいます。つまり、庭崩壊となるわけなので、お引っ越し願った次第。
このカエルには全く罪は無いばかりか、愛着のある顔を見てると友だちになりたいほどです。しかし、いざ飼育となればやはり大型の両生類はそれなりの管理が必要になり、かえってストレスも与えそうなので、今回は勘弁。
ネットを探すとそれでも上手に飼っている人も多く、ハイレベルな飼育環境を維持していることに感服します。確かにかわいいですもんねー(^O^)

せっかくなので、記念動画を撮ってみました。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(12) | カエル | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。