2011年06月17日
姿を消したカエル

ここ数日、全く姿を見せないカエル。冬眠明けのあと十分に栄養をつけたので、田んぼに旅立ったんだと思います。たぶんメスだったと思うので、たくさん卵を産んでくれればと思います。


姿を消したカエル

人工水辺の中では、次の生物環境ができてきています。丸いのがカイミジンコ、その左上にはボウフラが5匹ぐらい写っています。


姿を消したカエル

カイミジンコという名前のとおり、このミジンコは上下を貝で覆われています。正面から2本の足を出しながら泳ぎます。泳いでる動画はここ


姿を消したカエル

右の個体が上から見た位置関係になっていますが、2本の足が見えます。


姿を消したカエル

もう一方の人工水辺にも、ボウフラとカイミジンコが発生しています。

ちなみに、今回のカイミジンコは滑らかに泳ぎますが、この前田んぼで撮った動画に映っているミジンコはカクカク泳ぎます。あれはマルミジンコだと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年06月14日
いつもより深く田んぼに入り、なんとかカエルが鳴いているところを撮ってきました。
水の中にはすでに大きくなったオタマジャクシが泳ぎ、ミジンコも大発生していました。




田んぼで鳴くアマガエルの動画

ちなみに、この撮影ではビデオカメラの下に小型の懐中電灯を固定して撮った次第。
かなり明るいLEDライトで、光もワイドからスポットまで無段階調整ができます。


田んぼで鳴くアマガエルの動画

前に自転車装着用のLEDライトを買ったのですが、別の用途で使うので装着部の部品は外してとっておきました。今回、その部品を利用したわけです。
ライトの太さが太すぎてネジが入らなくなったので、ビニールタイで強引に縛っています。カメラとの固定は、両面テープを使用。、車用の両面テープなので超強力です。今は剥していますが、ガムみたいな質感のテープなのできれいに剥がれました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年06月12日
友好ビームのカエル

こんな目で見つめられると、帰りが10分遅れます。
何を言いたいのか何を伝えたいのか、友好ビームがバシバシッ!なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(8) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年06月11日
住み着くカエル

小さな人工水辺にすっかり住み着いているカエルくん。夜も昼もここにいます。おかげで毎日話しかけることができて親密度も日増しに向上。お互い、いて当たり前の関係になりつつあります。


住み着くカエル

こういうコケの匂いや泥の匂いが、カエルを安心させると思います。自分が嗅いでも田んぼっぽい匂いがしてるので、コケ様に感謝です。
そのうち、このコケにはガガンボが産卵して幼虫が食い荒らすせいでコケは一旦全滅します。しかし、泥の中で動く幼虫や羽化するガガンボはカエルの食べ物にもなります。季節や他の生き物による環境変化の推移の中で生きてきたアマガエルですので、365日コケを安定させようと力む人間とは違うわけです。

ちなみに、水の中にミジンコの発生を確認できました。見えた範囲で数十匹が円を描いて泳いでいました。これでボウフラもここで暮らせるようになるはずです。
ユスリカよ、産卵環境の条件が整ったよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年06月10日
カエルの人工水辺公開

今日も人工水辺で休むカエルくん。この人工水辺をちょっと載せてみます。


カエルの人工水辺公開

左上にさっきのカエルがいますが、これぐらいの広さです。白い砂利にも藻が発生し、自ら水生生物のえさとなりながらも酸素も供給します。見えませんが、手前側に朽ち木が埋まっています。黒いのは木炭。


カエルの人工水辺公開

こっちはすぐ右側に置いてあるもう1個の人工水辺。砂利は茶色系のものを敷いています。
現在枯れ葉を入れて、養分抽出中。カタツムリの冬眠に使った使用済みの桜の枯れ葉を使っています。
砂利にはまだ藻は発生していませんが、5〜6個入れている溶岩系の石の表面がうっすらと緑がかるようになりました。

■追伸
ちょっと反響があるので追伸ですが、この人工水辺の置き場所は山野草やホトトギスが育つくらいの日陰です。実際には、朝しか日が当たらない場所になります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年06月09日
カエルご利用ありがとうございます

この浅い水槽は、カエルの休み場所として毎年用意しているものですが、ふと見たらカエルがご利用中でした。よかったよかった(^O^)

ちなみにこの水槽の水は朽ち木や枯れ葉を入れたネットなどを入れて養分のある状態にし、プランクトンやミジンコの発生を促しています。発生すれば、ユスリカが産卵してミジンコなどを食べるボウフラが発生します。ボウフラが羽化したユスリカは玄関の灯りに集まり、そこにカエルが食べにきます。簡単な食物連鎖というわけです。二重に得をしているのはカエルなのですけど。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | カエル | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。