2011年06月07日
別のアマガエル登場

玄関の植木鉢のところで、カエルが休んでいました。この前の初ガエルとは別のカエルのようです。大きさは大きく、冬眠を経験した親ガエルです。


別のアマガエル登場

このときも1分ぐらいあれこれとカエルに話しかけました。変人に思うかもしれませんが、何回か繰り返すと馴れてきます。馴れてくると、より近くでの接写もできるようになったりします。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年05月17日
今年の初ガエル

今年も冬眠明けのアマガエルが姿を見せました。ちょっとイケメンですが、顔にタンポポの種をつけているおちゃめさんです。
田んぼでは水引きを終えている場所もあり、夜になると遠くからカエルの鳴き声が聞こえます。近くの田んぼにも水が入ると、もっと大合唱になるでしょう。

田んぼで出会った親ガエルたちは交尾をし、産卵します。孵化したオタマジャクシが子ガエルになってこのあたりに姿を見せるのは7月ごろになります。
アリの結婚飛行とぶつかる時季でもあるので、羽アリが群がる人間の人工灯を目指す子ガエルも多くいます。
今年もこのあたりまで遠征してきてほしいなと切に思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(7) | カエル | 更新情報をチェックする
2011年02月12日
アマガエルはオタマジャクシの時代を田んぼで育ち、手や足が出ると田んぼから四方八方に冒険に出て住む環境を変えます。
毎年撮っているアマガエルは、数百m先の田んぼから会社に移住してくれた個体です。
途中で人間が住む家の土地や車が往来する道路などを渡りますが、その途中で数多くのカエルが命を落とします。
人や鳥やヘビの難を逃れ、車のタイヤとタイヤの間をすり抜け、コンクリートの輻射熱に耐え、ようやくたどり着く定住先なわけです。
それらのカエルたちは、まさに勇者。定住先にたどり着いたばかりの子カエルたちはまだ1.5cmほどしかありませんが、それらすべてはたたえるべき命なわけです。

今会社の近くでは道路工事をしています。田んぼから会社までの道のりの通過点でもあった雑草の生える斜面は、コンクリートの垂直面になろうとしています。
道路工事なので、1区画だけそうなるのではなく、田んぼから会社までの緑の部分のほとんどがコンクリートになろうとしています。コンクリートでない部分は、住宅地のコンクリートか道路のアスファルトです。

毎年田んぼを巣立つカエルたちのことが心配でなりません。土の温度や水蒸気で体調を保ったり、草むらに隠れて天敵から身を隠していたのに、コンクリートの輻射熱と隠れる場所どころか目立つだけのコンクリートの壁が続く面を渡らなければならなくなるのであります。
この試練を乗り越えられる個体の数は、はたしてどれぐらいなんだろうと不安です。

無数に存在する生物の中の1種類のために1人の人間が叫んでみたところで、公共の前では無力です。川を上る魚のために専用の水路を設けたりすることは知っています。カルガモの親子が道路を横切るときに車が一時停止してくれることも知っています。
人間はできる範囲でできることはやっていますが、相手がアマガエルとなると社会のルールは曲がりません。

自分自身ができること。定住先までたどりついたカエルたちを見守ることです。
同時に、定住先が住みやすいように整備することです。
しかし、その定住先である会社の周りも、駐車場が拡張されて緑がかなり減りました。今までプランターや鉢を置いていた場所も、全部ではないですが撤去しなくてはならない場所もあります。これも自分だけではどうにもできず、目の前でどんどんカエルが住みにくくなる現状を見つめるしかありません。

しかし、絶望しているだけではありません。今年はもしかしたらカメラの前のカエルの数が激減するかもしれません。でも、カエルも生き物。耐えて学んで順応しようとするはずです。その知恵の遺伝に何世代かかるかわかりませんが、数を減らしながらも今の今まで命を繋いできた生き物です。彼らを信じることも忘れてはならないことです。
稲作のための田んぼをうまく利用して生育場や交尾場にし、住居の灯りに集まる虫を食べて生きてきたカエル。カエルの中でも特にアマガエルは、人間の作りだしたものを利用しながら生きている生き物です。
その賢い知恵に、今後の希望を賭けたいと思うのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2010年09月24日
雨を教えるカエル

いつもカエルを撮っている場所から10mほど離れた場所で、雨が降る前に必ず鳴いて教えてくれるカエルが住み着いています。探してもなかなか見つかりませんでしたが、今回ようやくその姿を確認できました。


雨を教えるカエル

『ぁぃさん、お久しぶりだお』

体が大きいので、冬に越冬した2年目のカエルです。1年目の新人カエルの時代に、たぶん会っている個体だと思います。


雨を教えるカエル

『ボクだお、ボク。』

すんません。見分け付きません(^O^)


雨を教えるカエル

『お、また空気の湿度が上がってきたお。』

またいっぱい鳴いてください。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(9) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2010年09月23日
なんとなく初対面なカエル

こっちも初対面のような気がするのですが、カエルのほうも初対面のような気がしていると思います。
お見知りおきのほどを(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
2010年09月22日
かまってほしいカエル

『コンコン♪ぁぃさん、ぁぃさんいるぅー?』

この姿はカエルくんです。呼ばれたので、そっと戸を開けてみました。


かまってほしいカエル

『ぁぃさん落ちるぅ〜〜!』

…かまってほしかったようです(´・ω・`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | カエル | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。