2007年12月03日
今回購入したイエコオロギですが、オスの成虫も何匹かおり、しきりに鳴いています。
その鳴く様子を動画に撮ってみました。

●見る前の予備知識●
・真ん中あたりで、体を横に揺らしてる2匹が鳴いています。
・始まって20秒ぐらいのところで、その右側にいるコオロギが
 カメラに向けて石を飛ばしてきますw



posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
2007年12月02日
イエコオロギ第2陣到着

そんなわけで、オオカマキリのえさとして2回目の通販利用となったわけです。
今回安いところを見つけたということで数を多く購入しましたが、ちょっとばかり多すぎたようなので、いっぱい食べてもらいます。

オスの成虫も混じってて、鳴く鳴くw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
2007年12月01日
確かに送ってきているんですけどねー…

二度ほど来てるんですけどねー…

何か感じますかねー…

posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(5) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
2007年11月30日
オオカマキリの日常的風景

ふたの裏で、もそもそ…。
逆さ宙吊りが、基本姿勢です。


オオカマキリの日常的風景

お食事の時間となりました。


オオカマキリの日常的風景

一気に高まる緊張感。
ハンターの顔つきになっています。
このあとは、文字通り、一発必中です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
2007年11月29日
イエコオロギの飼育温度調節

以前、イエコオロギの飼育温度について書いたことがありましたが、温度計の設置位置を土の上にした状態で、25度です。

はじめは吸盤で飼育ケースの壁に貼っていましたが、そのときの温度は20度ぐらいでした。
朝の非暖房時には18度ぐらいに下がり、どうしたものかと思っていましたが、よく考えればイエコオロギはいつも土の上にいます。
空中の気温よりも地面直上の温度測定のほうが現実的なような気がして、一度測定してみました。

飼育ケースの3分の2をパネルヒーターの上に乗せた状態で、パネルヒーター上の土の温度は34度でした。
つまり、飼育ケースの3分の2の面積が34度ということです。
そんなわけで、このようにしてみました。


イエコオロギの飼育温度調節

飼育ケースの3分の1だけを、パネルヒーターの上に乗せました。
この状態で、ケースの土の右3分の1あたりの温度が25度です。
イエコオロギの飼育推奨温度が20度〜25度なのを考えれば、ようやくバランスがとれたことになります。
寒がりコオロギは右のほうのポットを住みかとし、暑がりコオロギは左のほうのポットに住むでしょう。

本当は気温を25度に保ちたいのですが、かなりの断熱工事をしないと温度が安定しません。
そこで、比較的温度が安定する床暖房方式をメインと考えることにしました。

あと、水飲み場が小さいような気がしたので、ちょっと増やしました。


イエコオロギの飼育温度調節

1個だったのを2個とし、段差も多少改善しています。
弱い個体が共食いされるのを何度か確認していますので、水分をよりうまく摂れるようにします。
えさはにぼし入りの配合飼料なので問題無いと思いますが、あえてにぼしも与えてみようかと思います。

現在のオオカマキリの食事は、1日1回イエコオロギ1匹です。
終齢のイエコオロギなのでけっこうでかくて量があり、カマキリもぜいたくにも食べ残している状況です。
これに、1日おきにミルワーム1匹を追加しています。

ミルワームのほうは、イエコオロギを与えたあとでも残さずに完食し、明らかに味はいいようです。
ということは、イエコオロギの味はいまいちかもしれません。
カタツムリもそうなのですが、食べ物の嗜好がわかるのも、飼育のおもしろさと言えるでしょう。

.........@ノ”<正直、葉大根よりもキャベツ好きだお
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
2007年11月26日
暖房生活のオオカマキリ

暖房というか携帯カイロなのですが、寒い夜でも携帯カイロのおかげでカマキリも長生きしています。

しかし、カマキリという生き物はとてつもなくかわいいです。
これは、まさしく猫です。
そのしぐさ、そのわがまま、その甘え方、昆虫を超えたしなやかな動きも相まって、もはや哺乳類ではないかと感じることもあります。
この昆虫、明らかに他の昆虫とは違うものがあります。
もともと哺乳類だったのに、間違って昆虫になってしまった感があります。

「愛嬌」というのは苦手とする昆虫ですが、カマキリだけは例外と言えそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(7) | オオカマキリとイエコオロギ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。