2009年02月28日
軽石鉢の凍結破壊

ずっと外に置いていた軽石の鉢に亀裂が入りました。
さわってみると、亀裂以外の部分も非常にもろくなっており、固めた砂のような状態です。
苔がいい具合に生長していたので、乾燥しないように水分は与えていました。
その水分が軽石の中で凍結膨張し、全体をもろくしたわけです。
まさに土に還ろうとしている状態なので、移植できるぶんの苔は移植して土に還そうかと思います。


軽石鉢の凍結破壊

別の鉢の苔も、霜でもちあがってズタズタ状態。
これは春に圧着すればかなり復活します。
いずれにしても、まさに破壊の冬なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | ミニ盆栽と苔 | 更新情報をチェックする
2009年02月17日
コナラも芽吹く室内園芸

去年の春にドングリから発芽したコナラは20cmほどに生長し、室内で冬越しをしていました。
外はまだまだ氷点下の夜ですが、室内はほどよく春の陽気です。


コナラも芽吹く室内園芸

枝の先の芽が芽吹き始めました。
ひと足早い北国の春なのですが、シラカバではなくてコナラです。


コナラも芽吹く室内園芸


苔の状態は安定しています。
手前の芽はカタバミ、ピンボケしている奥の細長いものはツメクサの芽です。
地中に強靭な根を伸ばし、表面を這うように生長するこの二つの雑草は、小まめに抜かなくてはなりません。
大きくなると日陰で苔の育ちが悪くなります。抜こうとすると根が残ってしまいます。
根まで取ろうとすると、表面の苔を犠牲にしなければなりません。
ツメクサもカタバミも小さな花を咲かせますが、苔との同居は勘弁なのであります。
ちなみに、ツメクサもカタバミも別の鉢の保護区に住居中なので、そっちでがんばってもらうつもりです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(8) | ミニ盆栽と苔 | 更新情報をチェックする
2009年02月15日
ツツジの根元に謎の苔発生

周囲のギンゴケも元気が無い中、つつじの根元にかなりでかい苔が出現しました。
スナゴケよりも大きく、苔というよりは植物です。
これがスギゴケなのでしょうか。


ツツジの根元に謎の苔発生

若い芽も出てきているようなので、このまま様子を見たいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | ミニ盆栽と苔 | 更新情報をチェックする
2009年02月05日
雪と苔

日射量と暑さには繊細な苔ですが、冬の寒さに対しては案外丈夫です。
雪と同居しつつ、雪解け水を浴びながら胞子のうを伸ばします。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ミニ盆栽と苔 | 更新情報をチェックする
2009年01月24日
コケの胞子のう

丸々と太ったコケの胞子のう(サク)が、ぐんぐん伸びています。
少しでも高いところから飛ばしたほうが、胞子は遠くへ飛んでいきます。
丸く太った先端はやがて茶色くなり、細い亀裂ができて胞子を飛ばします。


コケの胞子のう

根元の部分。
ギンゴケとスナゴケが見えますが、ほかにも数種類のコケが混生しています。


コケの胞子のう

これらのコケは、松の鉢に生えています。
普段置いている角度では写真左側が太陽の方向なのですが、好光性があるようで、みんな太陽のほうを向いています。
また、太陽側のほうが生育も良いようです。
カイワレのような勢いのある姿に、コケのパワーを見たような思いです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | ミニ盆栽と苔 | 更新情報をチェックする
2009年01月22日
ネジバナの冬葉

去年の秋に採取したネジバナです。
ピンク色の小さな花をらせん状につける植物で、たいへん趣深い植物です。

常緑草なので冬でも緑の葉をつけていますが、これは越冬用の「冬葉」です。
実際の葉は「夏葉」といい、かなり細長い形状をした葉を10〜20cmの茎につけます。
体も葉もぎゅっと縮めて地に這わせ、寒さや雪をしのぐわけです。
置き場所は室内の窓際、コケは自然発生したギンゴケです。


ネジバナの冬葉

先のとがった丸っこい形をした葉です。
ネジバナはラン科なので、土の中の根っこはイモのようにでかくなっています。
栽培の難易度も高めなので、春の植え替えは注意深くやりたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ミニ盆栽と苔 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る