2014年05月09日
小梅の剪定と定植

ユスラウメではなく小梅のほうですが、横に長く伸びた枝に思い切った剪定を行い、庭に定植しました。
庭なので今年は自由に根っこを伸ばせるはずです。そうなると地上部の枝も伸びるはずなので、ユスラウメ同様、毎年剪定対象の木となるのであります。去年までは鉢植えの状態でした。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 小梅 | 更新情報をチェックする
2013年06月30日
小梅の樹形構築をそろそろやらなければ

種を蒔いて芽が出た小梅も、かなり大きくなりました。そろそろ樹形を整えなければなりません。
3分の1ぐらいを切り落とし、上ではなく横に伸びるようにもっていきます。横に出ている枝もいいところで切り、小枝を出すようにします。
樹形の構築にもあれこれ順序や方法があり、ネットで必死に勉強している次第。剪定に関しては本を買って枕元で寝る前に読んでます。凝り性は昔から。完璧主義ではないですが、かっこ悪いことは嫌いです。つか、根もとに雑草生えすぎで、まさにかっこ悪いw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 小梅 | 更新情報をチェックする
2010年08月01日
小梅の大胆な摘心は成功

曲がりのすぐ上から大胆に摘心した小梅は、そのすぐ下から側枝が伸びてきました。これでVの字の形ができました。


小梅の大胆な摘心は成功

下部の曲がりも健在。古さも出てきました。


小梅の大胆な摘心は成功

これが全体像。2本の側枝も時期が来たら大胆に剪定し、さらにVの字を作る予定です。
タグ:小梅 ウメ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 小梅 | 更新情報をチェックする
2010年07月08日
小梅の摘芯と猛烈な生長

小梅の生長が想定外に早く、曲がりを形成させた苗木も50cmを超える高さになりました。
この苗木はもともとミニ盆栽用に仕立てるために曲げを形成させたので、思い切って摘芯します。


小梅の摘芯と猛烈な生長

曲がりの部分が葉っぱで見えませんが、そのすぐ上で切りました。切った枝は念のため水にさしていますが、発根は難しいでしょう。
一方、こっちの苗木がすごいことになっています。


小梅の摘芯と猛烈な生長

同じ苗木の写真を2枚くっつけています。右が全体像、左が下部の写真。背丈は1mぐらいになり、左側の写真のとおり横枝が出てどんどん伸びています。
大きな鉢に植え替えたので根が伸び、同時に地上部の生長も促進された形になっています。
数年前に植えたサクランボの背丈に4か月で追いついたことになり、写真を撮るのにも苦労するほどになりました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 小梅 | 更新情報をチェックする
2010年04月27日
発芽時に曲がりを形成する実験成功

発芽した小梅の鉢の中で2つだけ「曲がり」の形成の実験をしていましたが、ひとつは失敗し、ひとつは成功しました。


発芽時に曲がりを形成する実験成功

このように根元でぐにゃりと曲がっています。

盆栽などで枝を曲げて楽しむ方法がありますが、そのほとんどは針金を巻き付けて曲がりを作ります。上手な人はかっこよく曲げますが、角度や方向にセンスが出るので慣れないとなかなかうまく作れません。
今回はどのようにして曲がりを作ったかですが、発芽直後に鉢にネットをかぶせました。しばらくはネットの下で窮屈な生活をしていただきまして、ある日ネットを外します。そうすると、下はぐにゃぐにゃ、途中からまっすぐになるわけです。
今回初めての実験なので、この曲がりが永遠のものなのか一時的なものなのか不明なので、じっくり観察したいと思います。
このまま小じんまりと育て、花無しの梅盆栽にしていきます。

一方、ネット抑制をしないほうの小梅はすくすくと育っています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 小梅 | 更新情報をチェックする
2010年03月31日
急生長する小梅

3週間で10cmも生長し、13cmになりました。寒さに強いのもあって、多少の寒さでは生長を止めません。
予想より速い生長なので、なんだか忙しくなりそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 小梅 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。