2010年03月07日
小梅の発芽

土に移した小梅のタネが発芽し、3cm程になりました。
寒さに強い植物のせいか、この気温でも勢いのある生長をしています。


小梅の発芽

別の鉢でも発芽を確認。こちらも日々姿を変えるほど生長が早いです。
小じんまりと育てて、盆栽にでもできればと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 小梅 | 更新情報をチェックする
2010年02月27日
小梅が冷蔵庫の中で発芽

冷蔵庫の中のモモの種がだめになっていたということで見てみた小梅の種、盛り上がったふたを取ってみたら、なんと発芽している種がありました。
発芽が1個、大きく膨らんでいるのが2個、カビているのが1個、不明が3個です。


小梅が冷蔵庫の中で発芽

芽です。いつからふたの下で窮屈にしていたのでしょう。ふたを取って10分後には、早くも茎の角度を変え始めました。
植え替えが必要な状況なので、掘り出しました。


小梅が冷蔵庫の中で発芽

4個の種が発根、そのうちの1個が発芽です。乾燥は厳禁なので、霧吹きをしてから早急に植え替えました。


小梅が冷蔵庫の中で発芽

とりあえず4個を土の中へ。他の3個の種には変化がありませんが、もう少し様子を見ます。1個はカビてたのでだめっぽいですが。

それにしても、まさか冷蔵庫の中で発芽しているとは思いませんでした。温度で発芽するというよりも、寒い時期を決まった期間経験した後に発芽するんでしょうか。もしそうであれば、なかなか興味深い生態です。
普通の花は「春に発芽」、ウメは「冬の後に発芽」ということです。
しかも、冬というものがスタート時からの一定の期間だと認識されており、多少見切り発車的な要素を感じます。
植物は受粉のためにミツバチなどの外的要因の生態に合わせた生態を持っているはずですが、ウメは自家受粉の確率が高いです。これは、花を咲かせる時季にミツバチの存在がさほど重要ではないということになり、自己中心的に生きていけばいいことになります。
まあ3月には開花するのがウメですので、まだミツバチが舞う時季でもありません。
あくまでも勝手な推論ですが、謎にぶちあたるとわくわくしますな。これも学研の科学の影響でもあるのですが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(10) | TrackBack(0) | 小梅 | 更新情報をチェックする
2009年07月22日
小梅の発芽に挑戦

家の庭には梅の木と小梅の木があり、ほぼ毎年両方が結実します。
これは、熟して自然落下した小梅の実。直径約1cm。
熟しているだけあって、香りはそのまま桃です。
甘い香りにつられて食べたくなりますが、食べられるかどうか微妙なので、この実を用いて発芽に挑戦したいと思います。


小梅の発芽に挑戦

ポリエチレンの袋に入れて4〜5日、1個がカビ始めた時点で取り出し、果肉の部分を洗い流します。
果肉には発芽抑制物質が入っているので、たわしなどで完全にきれいにします。


小梅の発芽に挑戦

湿らせた砂の中に埋め、密封して冷蔵庫に入れました。

桃などもそうですが、冬の寒さを経験しないと発芽しないのであります。
この種を蒔くのは来年の春。しばらく冬眠していただきます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 小梅 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。