2020年05月12日

今年のネジバナは元気

今年のネジバナは元気 毎年花を咲かせるネジバナですが、今年の春の発芽は勢いが違います。 本数も葉の量も例年より多く、丈夫そうな雰囲気を保ちながらぐんぐん生長中。 このネジバナは、今年で10年目になります。10周年記念でドッカンと咲いてくれればと思うわけです。 10年前の当時の記事はこちら
posted by ぁぃ♂ at 19:13

2020年05月09日

今年もヒトリシズカ

今年もヒトリシズカ 庭の半日陰のところで、今年もヒトリシズカが開花しました。 今年もヒトリシズカ 白い部分が全部おしべ、その根元に黄色い花粉をつけています。白い半透明な部分がめしべ。花びらはありません。 いわゆるネジバナのように、小さな花(おしべ3+めしべ1)が1本の茎にたくさんついているかんじ。ねじれてはいませんが。
posted by ぁぃ♂ at 12:37

2019年07月31日

ネジバナ満開

ネジバナ満開 今年も鉢植えのネジバナが開花しました。今年は葉も大きく、丈も高いです。 思えば2008年に採取し、2010年に今の鉢に移植したネジバナ。この鉢に移ってから9年目になりました。 ネジバナ満開 野原に普通に見かけるネジバナですが、栽培は意外と難しいです。ポイントは、ひたすら放置w。変に肥料をやると失敗します。 ネジバナ満開 ねじれることで、全方位均等性能発揮。少し前の空母のレーダーと同じですな。 ネジバナ満開 花の何とも言えない質感が最高。 ネジバナの..
posted by ぁぃ♂ at 00:11

2019年07月18日

四季なりイチゴの子株作戦開始

四季なりイチゴの子株作戦開始 少し前に葉をかなり伐採した四季なりイチゴですが、もうこんなに葉が伸びました。残しておいた長ーく伸びた葉は切っています。 ちなみに、上段右端の植物はたぶんネジバナ。どこからか種が飛んできて育っているので、放置しています。 四季なりイチゴの子株作戦開始 伸びているランナーを集め、子株&孫株をとる準備を開始。できれば孫株をとりたいのですが、状況によっては子株になるかもしれません。 親株は少ない葉で必死にランナーを伸ばしています。なので、この時季も追肥は欠かせません。
posted by ぁぃ♂ at 01:02

2017年07月26日

サンガイネギの移植

P1191274-1.jpg サンガイネギの子ネギを採取して発根を試みていましたが、根が出たかどうか見てみます。 P1191275-1.jpg 十分すぎるくらい根が出ているようなので、これをプランターに植えたいと思う次第。 P1191266-1.jpg 予備にとっておいた親株。分けつを繰り返してきたので、土の中も大変なことになっているはずです。 P1191271-1.jpg 大変なことになっていましたw P1191276-1.jpg 3株を移植。分けつをするので、最小限の株数で始めます。 土は再利用する予定でしたが、ほとんど根で覆われていたの..
posted by ぁぃ♂ at 23:01

2017年07月21日

庭のネジバナ

庭のネジバナ カタツムリには右巻きと左巻きがいますが、ネジバナは同じ種類でも右巻きになったり左巻きになったりします。 異なる巻き方で多様性を重視する生き様なのかも。
posted by ぁぃ♂ at 00:20

2016年07月20日

ネジバナ右巻き左巻き

ネジバナ右巻き左巻き カタツムリの話ではないのですが、ネジバナには右巻きと左巻きが存在します。また、見たことはないですが巻きの無いネジバナも存在するとか。両方の巻き方が存在していること自体は正常な現象らしいです。 上の写真は、巻き方はそれぞれ別方向に巻いているもの。 ネジバナ右巻き左巻き どっち巻きでも、きれいさには変わりありません。
posted by ぁぃ♂ at 19:02

2015年07月18日

ネジバナ五分咲き

ネジバナ五分咲き 毎年咲いている宿根草のネジバナですが、半分くらい咲いています。今年の花穂は4本でやや少なめ。 ネジバナ五分咲き 河原や空き地などに咲いているのを見かけますが、公的または町内会的な草刈りが行われるのがネジバナが咲く前ごろになり、そういう意味ではネジバナのような野原の花も減っていくかもしれません。 除草剤や草刈り機が普及し、だれでも手軽に草を刈ることができるようになりました。人間社会では必要なことですが、どこかに保護区のようなものが造れないものかと思う次第。まあ、管理に..
posted by ぁぃ♂ at 00:01

2015年04月06日

ネジバナも芽吹く

ネジバナも芽吹く ツメクサと同居中のネジバナですが、今年も葉を見せ始めました。 ネジバナも芽吹く 芽出し初期に寒さで葉が傷んだようですが、大丈夫な範囲です。 周囲の細い葉っぱの植物がツメクサ。小さな白い花を咲かせますが、繁殖力がクローバーレベルの雑草なので、普通は刈り取ります。 ただ、ネジバナと同居させているのは、土の乾燥を防ぐ効果が小さな鉢のネジバナには必要かなと思った次第。 周囲への種の拡散を防ぐために時々刈る程度で管理すれば、もともと原っぱに育つネジバナだし大丈夫でしょう。..
posted by ぁぃ♂ at 19:23

2015年01月30日

車庫の中の植物たち

車庫の中の植物たち 冬の氷点下の気温にさらしたくない植物は車庫の中に入れていますが、土が乾かない程度には水もやっています。 手前の大きな黒い鉢は、左から、カエデ、サクランボ。カエデは去年の秋に庭から掘り起こしたもの。最初の冬なので車庫に入れています。いずれは庭に植え替える予定。 車庫の中の植物たち 左から、イチョウ、甘夏1、甘夏2。イチョウは去年大きな鉢に植え替えてから元気になりました。 車庫の中の植物たち 右はネジバナ。この時期は地上部を完全に枯らしています。ネジバナの冬期管理は乾燥厳禁..
posted by ぁぃ♂ at 19:55

2014年07月22日

ネジバナ5分咲き

ネジバナ5分咲き 非常に地味ながらピンクの花をらせん状に咲かせているネジバナ。ちょうど5分咲きぐらいです。 今年は4本の花茎を出したかと思ったら、5本目の花茎も遅ればせながら出てきています。 ネジバナ5分咲き ラン科の色気はありますな。派手でないラン科なわけです。
posted by ぁぃ♂ at 00:01

2014年07月16日

ネジバナ咲き始め

ネジバナ咲き始め 今年は4本の花茎を出したネジバナも開花の季節となりました。 このネジバナですが、ここの野原風花壇に植え替えてもいいかなと思っています。小さな鉢よりは安定した環境になると思います。 もちろんラン科ということでラン菌も必須なので、鉢の土ごとごっそり植替えないといけません。やるとしたら秋ですな。
posted by ぁぃ♂ at 00:41

2014年04月06日

木の芽ふくらむ春の訪れ

木の芽ふくらむ春の訪れ 車庫の中に置いていたいろいろな鉢を外に出しました。 左から、ブルーベリー1、ブルーベリー2、サクランボ、ネジバナ、シュンギク。 木の芽ふくらむ春の訪れ サクランボの芽吹き。身近な風景に緑が増えることはうれしい次第。 木の芽ふくらむ春の訪れ ブルーベリーの芽吹き。去年は初めて実をつけましたが、今年は何個つけてくれるでしょう。 木の芽ふくらむ春の訪れ ブルーベリーの鉢に生息中のコケ。空気中の湿度は嫌いですが、土の上の湿度は大好きです。
posted by ぁぃ♂ at 19:18

2014年01月23日

春を待つ植物たち

春を待つ植物たち 右上:クロッカス   右中:ホトトギス   右下:ムスカリ   左:ユスラウメ 半休眠のムスカリは葉を残していますが、他は完全に休眠中です。 春を待つ植物たち 右上と左上:ピンクの花を咲かせるイチゴ    右下と左下:ワイルドストロベリー イチゴ系も常緑なので葉がありますが、最低限の葉を残しつつロゼット状になっています。 春を待つ植物たち 右と左:葉があるのが甘夏、赤い枝がブルーベリー、葉が無い灰色の枝がサクランボ。 これらは車庫の中で冬を越してもらっています。..
posted by ぁぃ♂ at 21:45

2013年08月08日

ネジバナほぼ満開

ネジバナほぼ満開 上のほうにまだつぼみが数個残った状態で下のほうの花が枯れてきています。今がピークのネジバナです。 ネジバナほぼ満開 まさにDNA。風流であるとともに化学的なのであります。 今年も咲いてくれてありがとー(^O^)/
posted by ぁぃ♂ at 00:29

2013年07月25日

ネジバナ咲き始め

ネジバナ咲き始め 今年もピンクのネジバナが咲き始めました。 いっさい手を加えないのがネジバナの正しい育て方なので、やっていることは水やりだけです。 それでも栽培中の植物の中ではトップクラスに大事にしているので、いつもの季節にいつものように咲き始めることに、非常に喜びを感じます。 もっと咲いたら、またアップしたいと思います。
posted by ぁぃ♂ at 00:04

2013年07月19日

もうすぐ開花のネジバナ

もうすぐ開花のネジバナ 毎年7月下旬ごろから咲き始めるネジバナですが、花茎をどんどん伸ばしています。 もうすぐ開花のネジバナ 今年は6本の花茎をバランス良く出しました。きれいに見えそうです。 もうすぐ開花のネジバナ 鉢の土の上にはコケの森。土の乾燥を和らげるので助かっています。
posted by ぁぃ♂ at 22:39

2013年06月25日

地味に生長するネジバナ

地味に生長するネジバナ 葉の生長が止まったような感じですが、葉の根元の茎の部分が伸び始めました。 そのうち真ん中から花の茎が伸び始め、7月の下旬ごろから咲き始めると思います。 こんなに毎年きちんと開花するとは思っていなかったので、そこらの鉢に植えてしまいましたが、コケも生えて雰囲気も出てきたので、かっこいい鉢に植え替えようかなとも思っています。時間があればの話ですけど。
posted by ぁぃ♂ at 21:57

2013年06月02日

コケと共生するネジバナ

コケと共生するネジバナ ラン科だからそうなのかわかりませんが、ネジバナの鉢にはコケが健康的に育ちます。ツメクサもさりげなく共生しています。置き場所もかなり日当たりのいい場所なのですが、ここだけがしっとりしたオアシスなわけです。 2008年の秋に野原から採取したネジバナは宿根草。毎年勝手に芽を出して花を咲かせますが、乾燥には弱いので冬でも水やりが必要です。開花時期は7月〜8月ごろになります。
posted by ぁぃ♂ at 10:00

2013年04月06日

ネジバナ生存中

ネジバナ生存中 2008年の夏に鉢に植えたネジバナもすっかり定着し、今年も花を咲かせてくれそうです。 とは言ってもまだ冬葉、地を這うような短い葉っぱの状態です。 緑色の細い葉っぱの植物は、雑草のツメクサ。繁殖力がすごいでの、とってもとっても生えてきます。ただ、ネジバナは少し特殊な土壌環境に育つ植物なので、大きく環境が変化するようなことは避けています。土の入れ替えも無く、肥料もあげません。水やりだけは忘れないようにしています。 将来の構想としては、実生に挑戦したい次第。種子を..
posted by ぁぃ♂ at 20:52

2012年08月06日

ネジバナ開花なう

ネジバナ開花なう 2008年の夏に採取したネジバナも年々たくましくなり、今年はたくさんの花穂を出してきました。 ネジバナは雑草の部類なので、手を加えると失敗するタイプの植物です。なので、不安になっても見てるだけの日々でした。 また、菌根菌がうまく定着してくれるかもネジバナ栽培では重要なので、そのあたりも気になるところでした。 ネジバナ開花なう 上から見ると、ねじれながら花が開いているのがわかります。よく見ると左巻きと右巻きがありますが、これはネジバナの生態に由来するものです。興味の..
posted by ぁぃ♂ at 00:16

2012年03月07日

冬のネジバナ

冬のネジバナ 冬も常緑のネジバナですが、こうして葉っぱを広くして地面に這わせるように開いています。 宿根草の雑草なので、手を加えることといえば水やりと草取りぐらいです。土替えにはシビアらしいので、植え替えるときは土をなるべくつけたままがポイントらしいです。 雑草は手を加えれば枯れ、放置すれば育つというのは本当ですな。
posted by ぁぃ♂ at 20:54

2011年07月19日

ネジバナ開花開始

ネジバナ開花開始 今年もネジバナが開花を始めました。 3年前に敷地内の野原にひっそりと咲いているのを見つけましたが、草刈りをする場所だったので掘り上げて鉢に植えたものです。雑草系は栽培がけっこう難しく、植え替えた翌年は花が咲きませんでした。ラン科なので、菌の繁殖が進んでいなかったせいもあるかもしれません。 2年目にあたる昨年に初めて3本の花茎を出し、ピンク色の花を咲かせました。 今年は3年目。4本の花茎を出し、ぽつぽつと咲き始めています。 ネジバナ開花開始 ラン科は派手なものから..
posted by ぁぃ♂ at 21:24

2010年08月02日

ネジバナ咲き乱れ

ネジバナ咲き乱れ らせんの軌跡を描きながらねじれて咲くネジバナが満開です。 いちばん下の第1花はすでに枯れ始めており、花期はあまり長くありません。 ネジバナ咲き乱れ 今のうちにと、アリも忙しいようです。
posted by ぁぃ♂ at 23:16

2010年07月26日

ネジバナの開花

ネジバナの開花 ついにネジバナが開花しました。全体のつぼみの3分の1ぐらいが咲いています。 ネジバナの開花 ラン科特有のオーラを持っています。 ネジバナの開花 なんとも繊細。泡のように咲く花です。 ネジバナの開花 きれいなねじれは、まだできていないようです。
posted by ぁぃ♂ at 00:05

2010年07月24日

開花間違いなしのネジバナ

開花間違いなしのネジバナ 選挙で言えば当確宣言です。待っても待っても花をつけなかったネジバナが、いよいよ開花目前となりました。 開花間違いなしのネジバナ 下のつぼみから成熟し、順番に咲いていきそうです。 開花間違いなしのネジバナ こちらの鉢にもネジバナを植えていますが、目立った生長はありません。 しかし、そのうちの1株がつぼみを伸ばし始めています。 開花間違いなしのネジバナ おお、まだ小さいのに君も咲くのか(^O^) さぞかしキュートな花を咲かせることでしょう。
posted by ぁぃ♂ at 00:04

2010年07月14日

ネジバナにつぼみ出現

ネジバナにつぼみ出現 ついに!ついにネジバナにつぼみが出てきました。長かったな〜… ネジバナにつぼみ出現 こりゃまじ咲きそうです。つぼみの本数は3本。咲いたら撮りたい次第。 なんだかんだ言ってもラン科。さすがに手ごわい相手です。
posted by ぁぃ♂ at 23:45

2010年06月03日

今年は咲くか、ネジバナ

今年は咲くか、ネジバナ 2008年の夏に野原で見つけて鉢に植え替えたネジバナ、その年も翌年も枯れるか枯れないかの状態できましたが、今年初めて上方向に生長し始めました。まだまだ3cmぐらいですが、今までにない傾向です。 タンポポなどもそうですが、いわゆる雑草栽培は育てようと思うと育たない傾向が強いようです。ネジバナもほぼ放置状態で水だけやっていました。 気になったことは、他の植物の鉢に比べて雑草の芽の出る数が極端に低いことです。何かそういう成分を分泌しているのかもしれません。 ネジバナは..
posted by ぁぃ♂ at 00:04

2009年07月28日

ネジバナとアリ

ネジバナとアリ 野原で咲いているネジバナに、茶色の小さなアリが数匹来ていました。 花の奥のほうに頭を突っ込んでいたので、そのあたりに蜜がありそうです。
posted by ぁぃ♂ at 00:05

2009年07月01日

「嗚呼、ネジバナよ」〜作詞ぁぃ♂

「嗚呼、ネジバナよ」〜作詞ぁぃ♂ (Aメロ) 踏まれるわびしさ 掘り上げて       小鉢で乱れる 花家業       伸びよ咲けよと 祈りつつ       時は文月よ 夏間近 (サビ)  捩じる心が 結ぶ花       苔に包まれ まだ起きぬ       嗚呼ああ〜あ ネジバナよ       夢何処
posted by ぁぃ♂ at 00:11

2009年05月18日

初夏を待つネジバナ

初夏を待つネジバナ 去年採取したネジバナですが、伸びた葉が低温で枯れるの繰り返しです。 しかし根っこは生きていて、次々と葉を出してきます。 枯れないで残る葉っぱの数が増えてきているので、アサガオと同じで高温を好む植物かもしれません。
posted by ぁぃ♂ at 00:23

2009年03月22日

芽吹きが始まっています

芽吹きが始まっています ネジバナ 葉っぱは出していますが、花茎はまだ見えません。 アブラムシが早くも発生中。 芽吹きが始まっています ベニシタン(手前)とガジュマル(奥) 苔がじわじわと復活中。 芽吹きが始まっています コナラ 元気に葉っぱを出しています。奥の小さいのもコナラ。 大きいコナラの左は、レッドグローブが3鉢。その左がネジバナ。 芽吹きが始まっています マユミ 挿し木にしたマユミも根付いたらしく、新葉を出してきました。 マユミはミノウスバの幼虫の記事のところで、何回も出てきている木です..
posted by ぁぃ♂ at 00:10

2009年01月22日

ネジバナの冬葉

ネジバナの冬葉 去年の秋に採取したネジバナです。 ピンク色の小さな花をらせん状につける植物で、たいへん趣深い植物です。 常緑草なので冬でも緑の葉をつけていますが、これは越冬用の「冬葉」です。 実際の葉は「夏葉」といい、かなり細長い形状をした葉を10〜20cmの茎につけます。 体も葉もぎゅっと縮めて地に這わせ、寒さや雪をしのぐわけです。 置き場所は室内の窓際、コケは自然発生したギンゴケです。 ネジバナの冬葉 先のとがった丸っこい形をした葉です。 ネジバナはラン科なので..
posted by ぁぃ♂ at 00:03

2008年09月29日

冬を待つネジバナ

冬を待つネジバナ ピンク色の小さい花をらせん状に咲かせるネジバナ。 初夏に原っぱに咲いていたものを鉢に植えかえ、来春の開花を待っています。 雑草として咲いている花を育てるのは簡単なようで難しいので、自然環境になるべく近い状態で管理しなければなりません。 うまく咲かせることができたら、これも草盆景にぴったりの植物です。
posted by ぁぃ♂ at 00:13